RaMu 2018年12月27日号

岩崎恭子 平泳ぎ金メダリストは締まり抜群濡れる「魔性の名器」

掲載日時 2018年11月19日 23時00分 [芸能] / 掲載号 2018年11月29日号

岩崎恭子 平泳ぎ金メダリストは締まり抜群濡れる「魔性の名器」
画像はイメージです

 「2020年の東京五輪に向けて、“とんでもないキャンペーン”になってしまいましたね」(芸能ライター・小松立志氏)

 1992年のバルセロナ五輪・競泳女子200メートル平泳ぎ金メダリストでスポーツコメンテーターの岩崎恭子さん(40、以下・敬称略)が、夫でラグビー元日本代表FWの斉藤祐也氏との離婚(11月3日付)を発表した上で、写真週刊誌『FLASH』に“手つなぎデート”を報じられた50代男性についても“不倫”を認めた。

 「11月6日に発売された号で、同誌は“金髪カツラで変装”した岩崎が真っ昼間の公園で50代のPR会社役員と“仲睦じく手つなぎデート”しているツーショットを掲載。さらに、タクシーの後部座席で、彼女の方から積極的に覆いかぶさり、“10分近くキスする”姿も掲載されました」(ワイドショー関係者)

 男性は超有名IT会社を経て、現在はPR会社の役員。妻と2人の子供がいたが、今は離婚して“独身”だという。

 「“手つなぎ”はまだしも、タクシーの中での“10分チュー”は強烈でした。彼女の発情ぶりがよく分かりました。“どこでも年中つながっていたい”というね。運転手さんも、目のやり場に困ったと思います。もしかすると、彼女は他人から見られると“よけいに燃えて濡れるタイプ”かもしれませんね」(スポーツ番組関係者)

 元水泳選手だっただけに、“濡れるのは得意!?”というのは悪い冗談だが、
「あの恭子ちゃんが…」
 というイメージダウンは免れない。

 「地毛は黒髪で、肩にかかるほどの長さしかない岩崎が、金髪のカツラをかぶってデートというのですから、これはもう確信犯。何の言い訳もできません」(スポーツライター)

 岩崎は一連の騒動を公式ブログで報告。まず、離婚については、
「以前より両者合意の下、別居生活をしておりましたが、別居後も2人でじっくり話し合い、お互いの気持ちを確認して出した結論です」と説明した上で、
「これまで結婚生活を共にすごしてくださった斉藤祐也さんには、感謝の気持ちしかありません」
 とつづった。

 また、不倫報道については、
「詳細は確認できておりませんが、私がこの男性と恋愛関係にあったことは概ね間違いありません。離婚協議中であったとはいえ、1人の見識ある大人として、一児の母として、大変軽率で、恥ずべき行動をとってしまいました。このような事態を招いてしまったことは、ひとえに私の弱さと甘さが原因だったと思っています」
 と関係者に対して謝罪した。

 「相手とはすでに“関係を解消した”とも説明しましたが、何か彼女の“狡猾さ”が出ているような印象を受けました」(前出・ワイドショー関係者)

 それは、11月3日に離婚というのが“ミソ”となる。

 「『FLASH』は毎週火曜日の発売。よって、通常、その前の週の金曜日には所属事務所に対して、スクープしたタレントの記事掲載の連絡を行います」(マスコミ関係者)
 となると、岩崎は『FLASH』から問い合わせが来て、駆け込むように離婚したと考えられる。
「それを、あたかも“離婚済み”と発表するところに彼女の“計算高さ”がうかがえるのです」(同)

 一方、不倫相手の男性についてはこんな声も。
「男性は“有名PR会社で役員を務めている”とだけ書いてありました。これは、世間からのバッシングを避けるよう、かなり配慮された書き方ではないでしょうか。離婚成立に加えて、不倫関係も即座の解消。そして、自らのブログで謝罪と、あまりにも“手際”がよすぎます。よって、“その人”から“何らかのアドバイス”があったのではないかと取り沙汰されているのです。まだまだ2人から目が離せないと思います」(ワイドショーデスク)

 岩崎は1978年7月21日生まれの40歳で、静岡県沼津市出身。
「温暖な気候の中で、のびのびと育てられたそうです。幼少期から、何事にも動じないハートの持ち主だったようです」(前出・スポーツライター)

 水泳を始めたのは小学生の頃だった。
「お姉ちゃんの後にくっついてスイミングスクールへ通っているうちに、どんどん頭角を現していったそうです」(同)

 そして、あれよあれよという間に14歳でバルセロナ五輪に出場。
「期待は、そこそこ。決勝に残れば上出来ぐらいにしか見ていませんでした」(水泳関係者)
 が、決勝進出を果たしたばかりか、まさかの金メダルを獲得した。

 レース直後のインタビューで発した、
「今まで生きてきた中で一番幸せです」
 というフレーズは、その年の流行語にもなった。

「しかし、この大会ですべての“運”を使い果たしてしまったようで、次の1996年のアトランタ大会ではメダル(200メートル平泳ぎ10位)にさえ届かず、1998年、20歳で競技生活を引退してしまいました」(前出・小松氏)

★懺悔のヘアヌード
 金メダル後は、ストーカーや嫌がらせにも心を悩ませたという岩崎。

 「この頃、異性に目覚めたという噂も飛び交いました。一流アスリートたちの性欲は、ハンパじゃありません。しかも、彼女はスイマーですから、アソコの締まりが抜群にいいと言われました」(前出・スポーツライター)

 今年、ある競技の“世界クラスの男女選手”が、こともあろうに強化合宿中のナショナルトレーニングセンターを“ラブホ代わり”にしたのは記憶に新しいところ。
「ですから、一度“味”を知ってしまうと歯止めが利かなくなる。大学生の頃の岩崎は、それこそ“肉食系女子”だったのです」(スポーツ紙記者)

 そんな岩崎が、知人を通じて斉藤氏と出会ったのは2004年の頃。約4年の交際を経て、2009年4月に結婚。2011年3月には長女を出産した。

 「しかし、2年以上前から別居生活が始まりました。斉藤氏がラグビーを引退した頃からです。“女盛り”の岩崎を十分に満足させてあげられなかったことが、離婚の一因とも言われています」(前出・ワイドショー関係者)

 そのせいなのか、斉藤氏は『FLASH』の取材に対して、
「岩崎に親しい男性がいることは知りませんでしたが、別居していますから、そこはもう仕方ないと思ってます。(以下略)」
 と話している。

 「この夏開催されたアジア大会では解説者として活躍した岩崎ですが、ここはゼロからやり直す覚悟が必要です」(前出・スポーツ紙記者)

 起死回生の一つとして早くも取り沙汰されているのが“ヘアヌード”だ。
「“懺悔のヘアヌード”というタイトルにすればミリオンセラー間違いなしです。『FLASH』を見れば、Dカップ巨乳以上であることは一目瞭然。売り上げの一部でもいいから、オリンピック候補選手の強化費にあてれば、本当の意味で“禊”になると思うんですけどね」(ヘアヌードプロデューサー)

 岩崎にとって“今が一番辛い時”かもしれない。

関連タグ:貞淑美女タレントの性白書


芸能新着記事

» もっと見る

岩崎恭子 平泳ぎ金メダリストは締まり抜群濡れる「魔性の名器」

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP