菜乃花 2018年10月04日号

貞淑美女タレントの性白書 紗栄子 お金持ちキラーの秘密はエレガント「名器」にあった!(2)

掲載日時 2015年11月19日 20時00分 [芸能] / 掲載号 2015年11月26日号

 さて、紗栄子は1986年11月16日、宮崎県宮崎市生まれというから、今号発売中に29歳になる。
 「元大手企業の重役の父、宮崎駅前で美容サロンや化粧品店などを営む母、兄の4人家族。父方の叔父には代議士になった人もいます」(芸能ライター・常山洋氏)
 本人のブログによれば、『父親の還暦パーティーには全国から友人が駆けつけた』というから、地方のセレブファミリー出身といったところか。

 日向学院中学・高校に通い、'02年、『週刊ヤングジャンプ』(集英社)編集部主催の『第13回全国女子高生制服コレクション』で見事グランプリを獲得。
 母親とともに上京し、堀越高校に通いながら、グラビアで活躍するようになった。
 女優としても、'05年の連ドラ『ドラゴン桜』(TBS系)や'06年の『のだめカンタービレ』(フジテレビ系)に出演した。
 「とはいっても、ポジショはいつも“4〜5番手”で、目立つ存在ではありませんでした。演技よりもむしろ勉強好きだったという印象の方が強いですね」(ドラマスタッフ)

 実際、早大人間科学部通信教育課程(3年時中退)で学んでいたこともあった紗栄子だが、'07年5月、人生の大きな転換期がやって来る。
 「友人の誕生会で、ダルビッシュに出会ったのです。ダルビッシュの一目惚れでした。もうこの頃から、金を持っている男を引きつける“何か”を持っていたそうです。“性技”という話もありました」(スポーツ紙記者)

 同年11月、21歳で“できちゃった結婚”し、一気に知名度アップ。'08年3月に長男を、'10年2月には次男を出産した。
 「しかし、芸能界を引退しダルビッシュが所属していた『北海道日本ハムファイターズ』(当時)の本拠地・札幌に転居すると、孤独感にさいなまれた。1年の半分以上、夫は家にいないわけですから。'10年9月、2人の子供を連れて実家のある宮崎へ帰り、徐々に芸能活動を再開したのです」(芸能レポーター)

 '12年1月、正式に離婚が成立した。
 「ダルビッシュの大リーグ移籍と重なり“手切れ金”の額が大注目されましたが、慰謝料なし。2人の息子の養育費として毎月200万円を受け取るという条件で決着したとされています」(前出・常山氏)

 ダルビッシュにとっては痛くも痒くもない金額と取り沙汰されたが、その代わりに紗栄子は“ダルビッシュの元妻”という肩書を大いに利用した。
 「コスメブランド『BONAVOCE(ボナボチェ)』をプロデュースしたり、ファッションブランドを立ち上げたりして、自身の“セレブ感”を上手に作り上げていったのです」(大手広告代理店関係者)

関連タグ:貞淑美女タレントの性白書

芸能新着記事

» もっと見る

貞淑美女タレントの性白書 紗栄子 お金持ちキラーの秘密はエレガント「名器」にあった!(2)

Close

マダムとおしゃべり館

▲ PAGE TOP