菜乃花 2018年10月04日号

日テレが絶大バックアップで狙う安室奈美恵コンサートの中継権

掲載日時 2018年08月07日 20時30分 [芸能] / 掲載号 2018年8月16日号

日テレが絶大バックアップで狙う安室奈美恵コンサートの中継権

 日本テレビが、9月16日に芸能界を引退する歌手・安室奈美恵(40)のラスト・コンサートの中継権を奪取すべく、本腰を入れている。アーティスト安室の25年間の集大成を世間に広く伝えるために、日テレが主催元として展覧会『namie amuro Final Space』を開催しているのだ。
 「7月14日から大阪、東京、福岡、沖縄の4カ所で開催しています。会場にはライブ衣装や貴重映像などが放映される。安室ファンでなくても楽しめる展開です」(日テレ関係者)

 日テレの気合いの入り方はハンパではない。展覧会を興行的にも成功させようと看板番組『世界の果てまでイッテQ!』でタイアップ企画をぶち上げたからだ。
 「7月29日に放送された『イッテQ!』内において、大の安室ファンであるイモトアヤコと初共演を実現させました。イモトは現在、32歳。安室が国民的スターであった'90年代、中学生だったイモトにとって、まさにドンピシャの世代なんです。高校時代は『鳥取の安室奈美恵』を自称するほどの大ファンでしたからね」(テレビ関係者)

 展覧会の告知を積極的に行っている日テレは、最終的に計10億円の興収を目指しているという。ここまでして安室サイドに気を遣う理由はただ一つ…。
 「まだ発表されていない本当のラスト・コンサートの中継権を取るためです。当然、視聴率が取れるからですよ。テレビでの生中継を実現できれば、視聴率30%超えは確実。仮に中継権にン十億円掛かっても、それ以上の広告収入が見込めますからね」(同)

 ちなみに、安室のラスト・コンサートは基本無料。沖縄で開催予定だという。
 「アーティスト安室が長年のファンに対し、感謝の意味を込めて催すものです。“感謝の会”と称してもいいでしょう」(音楽関係者)

 人気番組『イッテQ!』まで稼働した日テレ。果たして、安室を獲得できるのか?

芸能新着記事

» もっと見る

日テレが絶大バックアップで狙う安室奈美恵コンサートの中継権

Close

マダムとおしゃべり館

▲ PAGE TOP