葉加瀬マイ 2018年11月29日号

小学校教頭のねじ曲がった経験則…「デキの悪い子の母親は不倫する」(2)

掲載日時 2017年04月30日 23時00分 [官能] / 掲載号 2017年5月4日号

 第2の被害者であるB子さん(40)の場合は、不倫が図星だった。ラブホテル近くで浮気相手と一緒にいるところを島田に目撃され、自宅や家族構成まで割り出された上、《男とホテルから出てきた映像あるよ。オレにも携帯番号を教えて》と書かれた手紙を自宅のガレージに置かれた。
 B子さんがその手紙を無視すると、島田はホテルの出入口付近とB子さんの自宅に置いてあった車を撮影し、パソコンで2枚の写真を合成。B子さんの車がホテルに駐車しているかのような写真を作り出し、《今度はボカシのないものを持ってくるね。約束の場所に来なかったら、近所にDVDを配ります。来たら相談に乗ります》などと書いた文書と画像をB子さんの車のドア部分に置いた。
 こんな気持ち悪い指示に従うはずもなく、B子さんも警察に届けた。

 島田はこうした文書や画像を作成する際は、軍手をはめるなどして細心の注意を払っていたため、指紋も検出されなかった。
 だが、あまりにも犯行が失敗するので、ドライブインで男の車に乗り換える女性なら誰でもいいと考え、同じシーンを4回も見掛けた独身のC子さん(41)を脅すことにした。
 《あなたが男とホテルに入るところを撮影しました。顔もバッチリ写っています。職場や家も知っています。黙っていてほしいなら、2枚目の紙に携帯番号を書いて、後ろの看板の裏に置きなさい。さもないと職場や家や近所に動画のDVDが届くよ》
 C子さんも気持ち悪がって警察に通報した。まるでストーカーに狙われているような恐怖感を覚え、自宅のカギを付け替えたり、防犯カメラを設置したり、車を買い替えるなどした。

 だが、島田は懲りることなく、下調べが済んでいたD子さん(30)に対しても《男の車から降りてくる写真撮ったよ。男と合流してホテルに入るところもね。自宅はシャッターの車庫だよね、D子さん。黙っていてほしければ、携帯番号を書いて、後ろの植え込みに置いといて。でなければ、近所にDVDをバラまくよ。顔もバッチリ写ってるよ。オッパイ大きいね》などと書いた紙を運転席のドアノブに挟んだ。
 D子さんも警察に通報。「私は独身なので、交際相手についてとやかく言われる覚えはないが、監視されているようで気持ち悪い。明らかにカラダ目当て。やられた者しか分からない恐怖感を覚えた」と訴えた。

 島田の犯行は2カ月しか続かなかったが、押収されたパソコンから50人を超える女性の写真や個人情報を収集していたことが分かった。〈人妻〉〈不倫〉〈巨乳〉といったキーワードでアダルトサイトを検索し、『艶っぽい奥さんが不倫していたのでオレもしたい』という動画などをダウンロードしていた。
 それなのに島田は「子供たちのために不倫をやめさせるのが目的だった。女性から連絡が来たら、説教するつもりだった。自分の欲望のためではない。正義の行為のつもりだった」などと言い訳した。

 この主張を曲げない島田に対し、裁判長が呆れ果てて問いかけた。
 「あなたね、これが社会的に許される行為だと思ってたの? 逮捕されたから悪いことだと分かったわけじゃないでしょう。悪いことと分かっていながらやっていたんでしょう。それなら話が違うじゃない。自分の認知の歪みがなぜ生じたのか分からないというなら、再発防止なんてできるわけがないじゃないですか。原因の分析と再発防止はセットだと思いますよ。自分の車を売却したとか、これからはGPS付きの携帯電話を持つとか、そういうことじゃないと思いますよ」
 裁判長から厳しい指摘を受けると、ようやく島田は「ハイ、分かりました…」と言ってうなだれた。

 裁判所は「女性の私生活に踏み込んだ上、不安と恐怖感を与える行為を繰り返し、悪質だが、被害者全員と示談が成立している」として、懲役2年執行猶予3年の有罪判決を言い渡した。しかし、小学校は当然ながら懲戒免職となり、退職金1400万円はパーになった。すべてを知った教員の妻や大学生の長女、高校生の次女は、こんな夫、こんな父親を許すのだろうか。
(文中の登場人物はすべて仮名です)

関連タグ:男と女の性犯罪実録調書


官能新着記事

» もっと見る

小学校教頭のねじ曲がった経験則…「デキの悪い子の母親は不倫する」(2)

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP