葉加瀬マイ 2018年11月29日号

噂の美女・劉飛昶の淫相学 新SEX診断 山本彩(23) SEXは受け身好きで甘えん坊!?

掲載日時 2017年02月15日 18時00分 [官能] / 掲載号 2017年2月23日号

噂の美女・劉飛昶の淫相学 新SEX診断 山本彩(23) SEXは受け身好きで甘えん坊!?

 今回取り上げるのは、NMB48の絶対的エース、山本彩。昨年大晦日、NHK紅白歌合戦でのAKB「紅白選抜」(重複投票できない視聴者投票による順位決定)では、指原莉乃、渡辺麻友、島崎遥香らを押さえて堂々の1位に輝き、センターポジョンを獲得した。
 彼女の相の特徴は、何よりまず強い目力が挙げられる。黒目と白目の境界がくっきりした、切れ長の大きな目で、気力・精力・体力の横溢を感じさせる強さだ。芸能界で生きていくには必須の強さで、相学的に観ても「センターポジション」がふさわしい女相と言える。
 またその眼光には、威圧的な(もしくは刺すような、あるいは意地悪な)厭なキツさがなく、清明で澄んだ透明度を宿しており、好印象を受ける。
 前にも横にも張った頬骨も特徴的で、我が強く、負けず嫌いで行動力があり(悪く言えばでしゃばり)、自己顕示欲と忍耐力を兼ね備えた、いたってパワフルな女相だ。ただ、恋愛や夫婦関係においては強すぎる気性がアダとなり、相手男性を剋する、いわゆる「後家相」の持ち主でもある。

 性ホルモンタンクの臥蚕(下瞼の睫毛が生えているあたり)の膨らみがやや乏しく精神的な情愛が現れる唇も薄めで、性愛には淡泊。
 一方、目頭に切れ込みがあり、恋愛やセックスに機略を持ち込め、男性側からすると油断のならない女相だ。他者愛・奉仕愛を示す上唇が極端に薄く、こと性愛に関しては受け身好きで甘えん坊。現時点の【淫乱度】は「2」と低めだ。
 アゴ先が突き出ていて、小さめの口ながら門歯が大きいのはバイタリティー豊か。反面、彼女は鼻相が弱く、金甲(小鼻)の張りも乏しい。毛質の強い吊り上がりの眉が補っているものの、【絶倫度】としては「3」どまり。
 生来的な膣道と一致するとされる、耳の穴の手前にある切れ込みが、深くて狭い極上の名器相。口角(唇の両端)が形よく上がっているのも名器ポイント。惜しむらくは、膣肉の締まりと連動する口元の肉付きが乏しいこと。それでもトータルで観て、【名器度】は「3」寄りの「4」。
 下瞼のラインが上がっているのはあげまん相の代表格。すっきりとした口元もあげまん要素ながら、吊り上がりの眉と乏しい金甲が大きくマイナスで、【あげまん度】は「2」。

 彼女にはこれといった尻軽相がなく(切れ込んだ目頭が辛うじて尻軽要素)、【尻軽度】は「1」と低い。強い眼相・眉相からも、軽率な交友で恋愛騒動を起こすタイプではないと観る。
 一方、上がり目・眉に独占欲・嫉妬心の強さが現れていて、相手男性の浮気にはいたって厳格。彼女の恋人(夫)となる男性は、大きな度量と一途な愛情の持ち主でなければ務まらないだろう。

【劉飛昶プロフィール】
劉飛昶(リュウ・ヒチョウ) 観相学・東洋運命学・心理学などを独学。セクソロジーにも通じ、女相から性感の特徴などを観極め、現代にフィットした〈新〉淫相学の研究に取り組む。淫相学とは、観相術の中でも男女の交わりに主眼をおいた観法の総称。

関連タグ:劉飛昶の淫相学


官能新着記事

» もっと見る

噂の美女・劉飛昶の淫相学 新SEX診断 山本彩(23) SEXは受け身好きで甘えん坊!?

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP