片山萌美 2019年7月4日号

Dr.みなみのSEXチン療所

掲載日時 2019年06月08日 23時30分 [官能] / 掲載号 2019年6月13日号

Dr.みなみのSEXチン療所
小島みなみ

「そろそろ梅雨入り。ジメジメしてお家にこもる人も多いと思います。でも、6月には私と会えるイベントがたくさん! 詳しい情報は私のツイッターをチェックしてください。では、今週も相談に行きましょー!」

★出産を経て、妻が変わりました。独身時代は清楚で可愛かったのに、今や小言が多いオバサンです。そのくせ、夜は「SEXして!」と求めてきます。こんな女、抱けません…。(栃木県・44歳・男性)

「育児は神聖な行いというイメージがありますが、“育児ノイローゼ”や“育児うつ”などの言葉もあるように、お母さんによって精神的に辛いということも事実ですよね。私の友人の既婚女性でも、明らかに心身ともに疲れている人がいます。でも、旦那は外に働きに出ているから、その状況がなかなか理解できない。だから八つ当たり的に口うるさくなってしまうのかもしれません」

――女性は出産して母になるけど、男性は時間の経過と共に父になる…そんな話も聞きます。
「確かに。相談者さんは、奥様側からして『父の自覚』が足らないように見えるのかな? あと、出産後はホルモンバランスの変化もありますから、生理前にイライラするのと一緒。寛大な気持ちで接して下さい」

――随分、マジメ(笑)。
「エロい話ばかりする私ではありませんよ(笑)。でも、奥様はセックスレスの解消を望んでいるのだから、相談者さんに対して愛情は持っているんですよ。そう考えたら、奥様の小言も可愛らしい。ちょっと上から目線でもいいので、『彼女はストレスが溜まっているんだな…。じゃあ俺のチ○ポで発散させてやるか!』ぐらいの気持ちを持つ。これこそ真の夫婦円満ですよ」

★女性の多くが「硬いチンポ」を求めているように思います。私は還暦をすぎ、年齢的なものか、柔らかくなってしまいます。もう妻は感じていないのでしょうか?(岐阜県・61歳・男性)

「はい。気持ちよくないかもしれませんね。だから相談者さんの奥様も長年連れ添っているのだから、旦那さんのアソコの衰えが分かる…。全盛期の硬さに比べれば落ちますもん(笑)」

――ツラい話です(泣)。
「AV現場でもよくあるんですが、現在は男優不足だから、1人で2〜3現場を掛け持ちする人がいます。だから“3現場目”が私だったりすると、正直、ちょっと柔らかいんですよ。残念ですが、そんな時は少し物足りなさを感じてしまうんです…」

――AVを見ていても、勃起してないのに挿入する男優さんもいますもんね。
「はい。いますいます。正直、挿入されて『あれ?』って思います。でも、作品を成立させるためには、しっかり感じている姿を見せなければいけない。途中で萎えちゃっても、とりあえずピストン運動を続ける場合もあります。そこは、AVはファンタジーですので(苦笑)。5月に発売された『夫の存在を感じながら義父と途方もなく密着し濃厚に求め合った7日間 小島みなみ』(エスワン)も、義父役が60歳を超えた男優さんで、やっぱり柔らかめでした」

――つまり、物足りない?
「若手男優さんの“狂気的”な感じではなかったですね(笑)。でも、年齢を重ねた男性のよさってあると思います。若い人は“ち○こ頼み”の部分が大きいけど、大人の男性は他の部分でカバーできますから。この還暦超えの男優さんも包容力が高く、足の指先までペロペロ舐めちゃうんですよ。そんなの若者じゃできませんから!」

――つまり、他の部分でカバーしろと。
「そうそう。お◯ん◯んが柔らかくなってきたら、肉体的ではなく、精神的な気持ちよさにシフトチェンジするのも手段の一つです。だから相談者さんもバイアグラを飲んだり、筋トレするなど下半身強化をしつつも、精神的なSEXを極めてみるのもいいかもしれませんよ」

★最近、中折れしてしまいます。「ごめん…」と謝ったら、妻に「謝らないでよ!」と怒られました。なぜ私は怒られたのでしょうか?(鹿児島県・48歳・男性)

「さっきの相談にも近いと思うのですが、ED、中折れは加齢によるものと、女性のほとんどが理解しています。謝られると、『私じゃ興奮できないから謝っているのでは?』って、きっと惨めさを感じるからではないでしょうか。つまり、中折れは謝ることではない!」

――もしも途中で萎えてしまった場合、みなみ先生だったら、SEXを止めてほしいでしょうか?
「萎えた状態でピストンしても、お互いに摩擦感が少なく、気持ちよさは減ってしまうと思うんです。正直に打ち明けてもらって、また100%に戻れるように一度休憩したり、仕切り直すのがいいと思います。でも、再開時に一つ注意点も…」

――注意点とは?
「やっぱり休憩を挟むと、心身の火照りは一度収まってしまいます。そこに、勃起していきなり挿入されても、痛かったり、快感は低かったりするんです。仕切り直すとしたら、最初から。その時に1回目と同じ手順ではなく、変えてみるとか」

――同じ手順はダメだ、と。
「私ならそう思います。2回戦をする時も、やっぱり手順やプレイは変えてほしいですから。『おいおい、1回戦の再現か?』って思ったら、想像を超えたSEXはできないじゃないですか。2回戦はちょっとSっぽく攻めたり、別の体位をしたり、驚きが欲しいですね。相談者さんもそのように挑戦してみてください!」

********************************************
小島みなみ
1992年12月14日、神奈川県出身。血液型=A型。趣味は散歩とディズニーランドで遊ぶこと。特技はテニス。T150、B85(Eカップ)・56・83センチ。最新作=『犯された新任女教師 〜生徒に犯され晒され輪姦されたわたし〜』(S1)が好評発売中! みなみ先生の新作情報は「S1」の公式サイトを要チェック!!(https://www.s1s1s1.com/top.html)

関連タグ:Dr.みなみ


官能新着記事

» もっと見る

Dr.みなみのSEXチン療所

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP