スポンサーの総スカン状態で TBSが木曜21時ドラマ枠撤廃

芸能・2015/07/09 12:00 / 掲載号 2015年7月16日号

 TBSが、6月の株主総会を前に大胆な編成戦略を発表した。今年4月の改編で人気ドラマ『水戸黄門』などを生み出した月曜20時台のドラマ枠を廃止したのに続き、今度は木曜21時のドラマ枠を打ち切るというのだ。

 同ドラマ枠は『渡る世間は鬼ばかり』、『HOTEL』などを生み出したTBSの看板枠だが、7月9日から始まる蓮佛美沙子主演のドラマ『37.5℃の涙』がラスト作品になる。TBSが大英断に踏み切った一番の理由は、莫大な制作費削減。視聴率と制作費のバランスが完全に破綻しているのだ。
 「ドラマ一本当たりの制作費は平均すると一本5000万円〜になってしまう。当然、求められる視聴率は最低10%台。だが、直近で放映された大島優子主演の『ヤメゴク〜ヤクザやめて頂きます〜』や、その前クールに放映された田中麗奈主演の『美しき罠〜残花繚乱〜』などは共に視聴率が5%台をウロウロ状態でした。もうスポンサーが出稿できないと、万歳をしたんです」(大手広告代理店シンクタンク)

 スポンサーに見捨てられたドラマ枠のなれの果ては超ミジメだ。
 「お金が余って仕方がないスポンサー以外、どこにも相手にしません。TBS局内はこれを緊急事態とし、株価が下がらないうちに木曜21時枠の廃止に踏み切ったんです」(事情通)

 ドラマ枠廃止の後は、制作費一本当たり1000万円でも制作できるバラエティー番組を立ち上げるという。
 「現在、旅番組を検討しています。企画書が集まらないため、日テレで蹴られた企画書を放送作家に再提出してもらっている」(TBS関係者)

 TBSは再生できるのか?

関連記事
芸能新着記事