敏腕記者座談会 これが2011年芸能スキャンダルの裏側だ(2)

芸能・2011/12/29 18:00 / 掲載号 2012年1月5日号

 D 一方の日本勢では、相変わらず『AKB48』の一人勝ちが続いている。ただし、AKB人気に頼りきっているマスコミが大きく報じないだけで、こちらも問題は大アリだ。

 B メンバー個々の下半身スキャンダルはもちろんだけど、それ以上に問題なのがAKBの抱えるダークサイド。AKBの劇場運営会社のS社長は背中に緋鯉の彫物を背負い、振り込め詐欺や裏カジノ経営に手を染めていた裏社会の出身者で、同じくAKBの運営会社のK社長も野球賭博の常習者だったと報じられている。このスクープを飛ばした『週刊文春』は以前、K社長と篠田麻里子の“愛人関係”も報じていて、これも裁判になっている。

 B 仕掛け人の秋元康氏はSとKの両社長を切りたがっているとも言われてるけど、このままじゃあ時限爆弾を抱えているようなもの。

 D 名古屋、大阪、福岡と「48ビジネス」は拡大中なんだが、前田敦子主演のドラマや映画が大コケするなど、そろそろ陰りも見えてきた。コアなファンによる“買い支え”も限界だろう。来年3月には『SDN48』全メンバーの卒業も発表されてるけど、まだ価値が高いうちに名古屋や大阪のスポンサーでもあるパチンコ産業の京楽が会社ごと引き受けるなんて噂も飛び交っているよ。

 A ところで大震災以降、すっかり沈静化してしまった話題は多いね。「5・16」に何か動きがあるって話だった沢尻エリカの離婚騒動なんかもサッパリ進展していない。

 B 沢尻は来年2月スタートの『BeeTV』で女優復帰が決まっているけど残念ながら濡れ場はナシ。先日は写真誌に過去に撮影された暴力団関係者とのショットが掲載されていたけど、あの制服コスプレ姿はさすがにエロかった(笑)。私生活の話題を切り売りするだけじゃあ、もう見向きもされないし、来年はぜひ噂されているヌードに挑戦してほしいね。

 C その点はヌードどころか潔く本物のAV女優に転向した小向美奈子を見習ってほしい。覚せい剤での逮捕からフィリピンへの逃避行、ドラッグ入手ルートのキーマンとしてあれだけ騒がれた過去をスッキリと清算したからね。

関連記事
関連タグ
芸能新着記事