美女ざんまい「実話劇場」 みねりおインタビュー

芸能・2020/04/07 12:00 / 掲載号 2020年4月16日号
美女ざんまい「実話劇場」 みねりおインタビュー

みねりお

閉じる

 驚異のJカップと標高差MAXの極細クビレ。みねりおは、某誌による「AIが選ぶ峰不二子な体」という企画で、50人の中から1位に輝いた逸材だ。そんな彼女はデビューに際して大きな隠し事をしていたという。それは――。
みねりお 実は、リアル峰不二子を選ぶ企画だというのに、優勝が決まった時には体重が10キロも太っていたんです。プロフィルに書いたスリーサイズが“大ウソ”になってしまいました。

――選んだ方は驚いたろうね。なんか違うぞって。
みねりお そのことを懺悔するため、『有吉反省会』(日本テレビ系)で告白させていただきました。ただ、出演した時には、しっかり10キロヤセて元通りだったんですよ。

――なんと、それもネタにしちゃいましたか。けっこうな強心臓だ。
みねりお いえいえ、緊張でバクバクでしたよ。バラエティー番組なんて初めてだし、有名人さんもいっぱいいるし。

――ゲスト陣の反応は?
みねりお 博多華丸・大吉の大吉さんは私を見るなり「叶姉妹くらいの迫力ですね」と驚いてくださって、指原莉乃さんにはおっぱいを揉んでいただきました。

――定番のヤツだね。サッシーの感想は?
みねりお 「これはもう、祭りです。わっしょい、わっしょい」みたいな。

――いろいろイジられて、おいしかったわけだ。
みねりお で、他にも隠しごとはないかと有吉(弘行)さんに聞かれたので、この機会に言っちゃおうかなと…。デビュー時から内緒にしていた年齢を告白しました。「実は生まれたのが昭和なんです」って。

――ロリ顔なのに、まさかの!? それもまた、でっかい隠し玉だ。年齢的には誰と同期になる?
みねりお 橋本マナミさんが1つ上です。

――なんか、急に生々しいなぁ(笑)。子供の頃の将来の夢は?
みねりお 歌手になりたいと思っていました。色々なオーディションを受けましたよ。モー娘。とか『ASAYAN』(テレビ東京が放送していたオーディションバラエティー)も。

――時代を感じるねぇ。間違いなく昭和の女だ。
 2018年、32歳だった彼女は、大阪から遊びに来ていたところを渋谷でスカウトされた。当時の仕事はネイルサロンの受付嬢。美に対する関心は強く、芸能界にも興味があったため、最後のチャンスかもと飛び込んだという。

――体の中で一番メンテナンスしているのは、やはりJカップおっぱいですか?
みねりお いえ、ウエストの方が頑張ってるかも。クビレがあることによりおっぱいも引き立つので、ポールダンスをやったり、プールで有酸素運動をしたり。あとは食事制限です。

――とはいえ、普段は今日みたいな露出の多い格好はしてないんだよね?
みねりお いいえ、いつもこんな感じです。見られることで身も引き締まりますから。ある意味、“露出ダイエット”ですね。

――男たちの反応はどう?
みねりお ほとんどの方は二度見するか、振り返りますね。お父さん世代の方なんて「やられた〜」みたいなリアクションをとってくださいます。そういうの、可愛らしくて好きです

――じゃあ、ナンパされるのも好き?
みねりお それは苦手なので、聞こえないふりをしています。こう見えて、結構な人見知りなんですよ。

――矛盾してるなぁ。声かけてオーラ全開なのに、実際に来られるとダメなんだ。
みねりお そうなんです。

――今まで何人くらいと付き合った?
みねりお あれはカウントしないですよね。学生時代に手をつないだだけ、とか。

――そうですね。濃厚接触のお付き合いに限定しましょう(笑)。
みねりお それだと、2人だけです。

――意外と少ない。
みねりお そう。実は堅いんです。1人と長いので。

――別れる時は、どんな理由なの?
みねりお これが不思議なんですけど、突然、私が相手を嫌いになるんです。朝起きたら嫌いってことがよくありました。怖いですよね、男の人からしたら。

――それは昨日のエッチが悪かったからじゃなくて?
みねりお 違う違う。たぶん、溜め込むんです、怒りとか不満を。

――どんな男が好きなの?
みねりお 外見の好みは特にないです。好きになるのはいつもバラバラ。というか、押しに弱いので、グイグイ来られて付き合うと、その人がタイプになってしまうんです。

★浮気されやすいタイプかも!?

――DVDはこれまで3本、VRも2本出してますね。
みねりお VRは結構、評判よかったんですよ。目の前に迫るおっぱいが半端ない迫力でした。ブラジャー1枚だったので、それこそ上下にわっしょい、わっしょいと揺れていました。

――どういう設定?
みねりお 私が女教師役で、家庭訪問したらご両親がいなくて、生徒とオイタをしちゃう…という感じです。

――誘惑の言葉も言うの?
みねりお 言いましたけど、めっちゃ恥ずかしくて忘れちゃいました。

――淫語系は苦手?
みねりお はい、苦手です。むしろ、言われたい派かもしれないです。ドMなので。

――言葉責めってやつだ。ええのんか? どこがええんや? みたいな。
みねりお そういう、具体的な反応を聞かれるよりも、辱められる感じの方が好きです。

――浮気されたことは?
みねりお あります。

――どんな浮気だった?
みねりお 彼が、酔っぱらった勢いで女の子を部屋に連れ込んでたんです。

――現場に遭遇した?
みねりお あとで分かったんです。女の勘ですね。なんだか怪しいな、とピンときて、「携帯見せてよ」って。そんなこと、1回もしたことないのに、見たら即アウトでした。でも、その場では別れなかったんです。

――許しちゃった? Mだから?
みねりお そうなのかなぁ。土下座までされて泣かれるパターンだったので、しょうがないかって。

――そういうのに耐えちゃうタイプなんだね。
みねりお 耐える方です。相手に対して一途なので、安心しちゃうんだと思います。私って浮気されやすい人なのかも。だから突然、溜まりに溜まって嫌いになるんだと思います。

――男を手玉に取る峰不二子のイメージとは違うけど、それもいいか(笑)。

◆みねりお 1985年7月14日生まれ。T167、B98・W57・H92。
インスタmine_rio
ツィッター@mine_riorio
初のデジタル写真集『ミネリオランドDX』が小学館sabra netより発売中。

関連記事
関連タグ
芸能新着記事