鈴木ふみ奈 2018年11月1日号

秋田編【あなたの地域の雑学】最後には“締めの乾杯”でまた飲むという都合がいい風習

掲載日時 2018年09月24日 12時00分 [エンタメ]

秋田編【あなたの地域の雑学】最後には“締めの乾杯”でまた飲むという都合がいい風習
画像はイメージです

 普通、飲み会はみんなで一緒に乾杯して始まる。ところが、そんな常識が通じない人々がいた。それが秋田県民。彼らは“乾杯の練習”と称し、まだ人が集まる前の段階でガバガバ飲み始めてしまうという。

 もちろん正式な乾杯はこのあと。少人数であろうと、「とりあえず乾杯の練習ということで…」。いやいや、乾杯に練習など不要である。実はこの秋田県民は、酒に強い東北人の中でも1〜2を争う酒好きとして知られ、1人あたりの清酒の消費量は東北一。それなら仕方ない、というか手に負えない。

 しかも、飲み会が終わろうというときには“締めの乾杯”も行うときた。言い訳もここまで来れば立派なものである。

エンタメ新着記事

» もっと見る

秋田編【あなたの地域の雑学】最後には“締めの乾杯”でまた飲むという都合がいい風習

Close

▲ PAGE TOP