森咲智美 2018年11月22日号

なんだかエロいぞ! 芸能美女「嫌われフェロモン」お色気シーン公開(1) 藤原紀香

掲載日時 2015年11月26日 20時00分 [芸能] / 掲載号 2015年12月3日号

なんだかエロいぞ! 芸能美女「嫌われフェロモン」お色気シーン公開(1) 藤原紀香

 今、もっとも世間をイラッとさせている芸能人といえば、藤原紀香(44)が、その筆頭だろう。
 「人気歌舞伎俳優の片岡愛之助との熱愛宣言があまりにシラジラしいと、世間の笑いものになっていますからね」(スポーツ紙記者)

 愛之助が二股をかけていた熊切あさ美(35)の手前、1度は友達関係を強調。しかし、ツーショット現場を撮られると、〈必然的に深い友情が恋愛へと進化した〉と熱愛宣言をしたのだから、こんな茶番劇はない。
 「ワイドショーなどで2人の様子を伝えるとき、キャスターらの表情は、ほとんどが半笑い。祝福ムードとは程遠い状態です。ネットを見ても、『顔も見たくない』『勝手にやってろ』と、男女両方から嫌われまくっています」(同)

 確かに、この2人を素直に祝福する気にはなれないが、その深層心理には、実は、「上手くやりやがったな」というやっかみの気持ちがあることは否めない。
 「愛之助は、いまや梨園の大スター。紀香も、44歳にして、あのスーパーボディーをキープしており、“一度でいいからお手合わせ願いたい”と思う男は多いでしょう」(芸能記者)

 紀香は、10月29日に、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われた、第28回東京国際映画祭のイベントに登場。白いドレスの中で揺れる巨乳と、ミニスカートから伸びる美脚で、取材陣を悩殺。改めてパーフェクトボディーとフェロモンクイーンぶりをアピールしている。
 「10月に出演した『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)では、“藤原紀香1日の美容フルコース”を発表しました。加圧トレーニングに始まり、マグマピラテス、オイルマッサージ、水素点滴など、美容にいいことは、何でも取り入れる意識の高さに、司会の中居正広も驚くしかありませんでした」(テレビ雑誌記者)

 愛之助は、それだけ磨き上げた肉体を、「どうぞ好きにして」と差し出されたのだから、熊切をポイしたくなるのも当然だ。
 「実は、加圧トレを芸能界で誰よりも早く取り入れたのが、この紀香。インナーマッスルを鍛え、女性器の膣圧を保つことによって、女性ホルモンの分泌が促され、肌が瑞々しく保てると信じている。二段締め、三段締めも自在の“きんちゃく名器”の持ち主に違いありません」(女性誌記者)

関連タグ:芸能美女「嫌われフェロモン」お色気シーン

芸能新着記事

» もっと見る

なんだかエロいぞ! 芸能美女「嫌われフェロモン」お色気シーン公開(1) 藤原紀香

Close

WJガール

▲ PAGE TOP