葉加瀬マイ 2018年11月29日号

貞淑美女タレントの性白書 松嶋菜々子 セックスレスで疼く四十路剛毛陰部とDカップ巨乳(1)

掲載日時 2017年04月23日 20時00分 [芸能] / 掲載号 2017年4月27日号

貞淑美女タレントの性白書 松嶋菜々子 セックスレスで疼く四十路剛毛陰部とDカップ巨乳(1)

 「これからは、子供たち(2人)のために、夫婦でバンバン稼ぐんじゃないでしょうか」(プロダクション関係者)

 4月15日・16日の2夜連続で放送されるドラマスペシャル『女の勲章』(フジテレビ系)で、ヒロイン“大庭式子”を演じている松嶋菜々子(43)。
 「舞台は、女たちの欲望が渦巻く1950年代の華やかなファッション業界。戦争で家も家族も失った大阪・船場育ちのヒロインが、ミシンひとつで身を興す。そして、起業家、デザイナーとして世界へ羽ばたいて行くというストーリーです」(ドラマ関係者)

 ドラマは、『白い巨塔』『不毛地帯』『沈まぬ太陽』などの大作で知られる山崎豊子の同名小説が原作。
 「過去、映画で京マチ子、テレビドラマでは月丘夢路と三田佳子がヒロインを演じて話題になりました。実は、8年ほど前に3度目のドラマ化の話が浮上していて、すでにヒロイン候補の1人に松嶋の名前が挙がっていたそうです」(芸能レポーター)

 山崎作品初出演となった松嶋は、クランクイン前、「たいへん光栄であり、身が引き締まる思いがしております」とコメントし、原作を読み込んで撮影に臨んだという。
 「印象的だったのは、フランス・パリでの撮影。様々な重責から解放されたヒロインが、パリで束の間の休息を満喫するシーン。早朝の撮影でしたが、松嶋は非常に晴れやかな表情で、ヒロインの気持ちを見事に表現しました。できれば20%、悪くても15%は取ってもらいたいと願っています。とにかく、今回は彼女の女優としての“ヤル気”をヒシヒシと感じました」(前出・ドラマ関係者)

 松嶋は1973年10月13日、神奈川県出身の43歳。
 「お兄さんが1人いる2人兄妹。フツーの家庭に育ちました」(前出・芸能レポーター)

 相模女子大高等部(神奈川)1年の時スカウトされ、モデルとしてデビュー。
 同3年の時、旭化成『'92年水着キャンペーンガール』に選ばれた松嶋は、実は、典型的な“キャンギャル成り上がり女優”なのだ。
 「今でこそ、凜とした美人人妻女優のイメージが強い松嶋ですが、当初は、まず“体”で注目を集め、以後少しずつ“服を着ていく”というタイプでした。プライドは高くても、目的達成のためなら手段を選ばず体を張っていく。ですから、恥ずかしいことでも積極的にやっていたのです。“枕営業”をやっているなどというやっかみの怪情報が流れたこともありました」(芸能ライター・小松立志氏)

 事実、その頃撮られたCMは、かなりエロいものであった。
 「まず、お尻をカメラに向けて上半身を前に倒し、股の間からのぞかせた松嶋の顔のアップからスタート。もちろん、衣装は超ハイレグの水着。“マン筋”と思えるような“スジ”が見えるといった話もありました」(同)

 そして、スレンダーなバディを舐めまわすかのようなカメラワークに、両目を真ん中で寄せる“変顔”や、“アッカンベー”などが挿入されるという面白いCMでもあった。
 「“マン筋”とともに印象的だったのが股間ゾーンでした。青々とした“ヘアの剃り跡”がよく分かると評判になったものでした。剛毛で量も豊富だったので、その頃は毎日剃っていたようですが、とにかく今の彼女からは想像できないほどの“ぶっちゃけぶり”でした」(写真誌カメラマン)

関連タグ:貞淑美女タレントの性白書


芸能新着記事

» もっと見る

貞淑美女タレントの性白書 松嶋菜々子 セックスレスで疼く四十路剛毛陰部とDカップ巨乳(1)

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP