岸明日香 2018年12月20日号

【動物の不思議】冬眠するかしないかは食糧の量で決めています

掲載日時 2018年08月06日 19時01分 [エンタメ]

【動物の不思議】冬眠するかしないかは食糧の量で決めています

 真っ白な体毛で覆われたホッキョクグマは、その名の通り、北極圏を中心に生息しており、相応の防寒システムが体内に組み込まれている。

 分厚い脂肪で身を包み、体毛は上毛の下に短下毛が密集した二重構造になっている。これによって氷雪や寒風も、余裕でやり過ごせるのだ。

 ホッキョクグマには冬眠する個体と、しない個体がいる。前者は食糧が乏しい地域に住んでいる方で、活動を最低限に抑制して冬眠する。後者は食糧が豊富な地域に住んでいる方で、自由に雑食し、冬眠とは無縁の活発な生活を続ける。

 エサさえ入手できる環境ならば、クマは必ずしも冬眠する必要はないのだ。


エンタメ新着記事

» もっと見る

【動物の不思議】冬眠するかしないかは食糧の量で決めています

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP