葉加瀬マイ 2018年11月29日号

小泉進次郎イチ押し 横浜DeNA次期監督に原辰徳氏

掲載日時 2017年11月19日 18時00分 [スポーツ] / 掲載号 2017年11月23日号

小泉進次郎イチ押し 横浜DeNA次期監督に原辰徳氏

 プロ野球・日本シリーズ第3戦が行われた横浜スタジアムで、今後の横浜DeNAベイスターズの飛躍を印象付ける出来事があった。先の衆議院選挙で自民党大勝の立役者となった小泉進次郎衆院議員(36)が、ベイのホームでの同シリーズ開幕戦に駆けつけたのだ。DeNA南場智子オーナーとともに声援を送ったのは、今後のベイスターズを見据えてのものだった。

 「信じられないような奇跡を起こす爆発力がDeNAにはある。驚かせる力があると私は信じています」
 その言葉通り、その夜こそ2対3で惜敗したものの、第4、5戦に連勝。第6戦も延長戦にもつれ込むなど、逆王手をかける寸前まで福岡ソフトバンクホークスを苦しめた。
 進次郎氏は、ソフトバンクの孫正義オーナー、王貞治球団会長とも握手を交わし、親交を深めた。南場オーナーも「ソフトバンクは強い、勉強になります」と、手本とする球団がソフトバンクであることを強調した。

 現在、進行しているのが、横浜ベイスターズから“横・横ベイスターズ”へのバージョンアップである。昨年、ファーム施設を横須賀・長浜地区から横須賀・追浜地区に移転する協定を横須賀市と締結。2019年3月から新施設の利用を開始することが決定。新施設には二軍スタジアムのほか、室内練習場や合宿所なども一体的に整備される。
 「横浜スタジアムと二軍の本拠地となる追浜地区は、自動車専用道路の横浜横須賀道路(横横道路)で繋がっており、移動が容易です。双方にコミュニティーボールパークを作ることで、相乗効果が見込めます。この“横・横ベイスターズ”に一役買っているのが、横須賀市を選挙区とする小泉進次郎氏なのです」(地元メディア記者)

 進次郎氏は野球少年としても知られる。小学生時代に野球を始め、中学、高校と野球一筋。関東学院六浦高時代には、あの松坂大輔擁する横浜高校と練習試合で対戦したこともある。
 南場オーナーもこのあたりの事情は織り込み済みで、野球を通じて進次郎氏と良好な関係を築いてきた。一気に急加速して陣営に取り込むことが出来たのは、進次郎氏が掲げる社会全体で子供を支える「子ども保険」について、いち早く賛同し、支援を約束したからだという。また、進次郎氏にも南場氏を橋頭堡に、全国の若手女性オーナーを味方に取り込もうとする意図が透けて見える。
 「ベイスターズは2年連続でクライマックスシリーズ(CS)に駒を進めたばかりか、今年は日本シリーズにも出場できた。こうなると当然、来季の目標は20年ぶりの日本一になる。そこで進次郎氏と連携し、巨人を上回る人気球団にしようとしているわけだ。カープ女子ならぬ、“シンジロー女子”がスタンドを埋めれば、ベイスターズのイメージもガラリと変わる」(スポーツ紙デスク)

 もっとも、進次郎氏は巨人ファン、いや、原辰徳ファン。テレビでプロ野球を観戦して初めて感動の涙を流したのは、中学2年生時の原辰徳(59)の引退試合(1995年10月)だという。そこに「ベイスターズ応援団」を心から名乗れない事情があるわけだが、原氏がDeNA監督に就けば、この問題は解決する。
 「実は、今オフも原辰徳氏を新監督に迎える構想が進められていた。しかし、ベイスターズが巨人に競り勝ってCSに進出し、日本一になる可能性を残したことで、ラミレス監督の契約延長に踏み切らざるを得なかった。原氏にも巨人への未練が多少あり、フェードアウトした形になっていたが、進次郎氏が背中を押せば、原ベイスターズが誕生する可能性は極めて高い」(前出・デスク)

 原氏は神奈川県相模原市の出身で、これまた横横道路の延長線上にある。東京、大阪、名古屋の「3都物語」を掲げた小池百合子都知事の向こうを張るように、進次郎氏は南場オーナーと共に横浜、横須賀、相模原と「3市連携」に意欲を見せる。今回の横浜スタジアム観戦でも、衆院選で話題になった「スカジャン」ではなく、初当選した日('09年8月30日)にちなんだ「背番号830」が刺繍されたDeNAのグラウンドコート姿だったのはこのためだ。
 また、ソフトバンクからは5日、日本シリーズ終了を待って、松坂大輔投手(37)の退団が正式に発表された。本人は「またいつかグラウンドでファン、チームメイトに再会したい」と現役続行に意欲を見せているが、その移籍先として噂されるのがベイスターズだ。進次郎氏が横浜スタジアムで孫正義オーナーと握手を交わした際、以心伝心で流れが出来たのだろうか。

 2020年東京五輪での野球競技のメーンスタジアムが横浜スタジアム。加えて小泉進次郎、原辰徳、松坂大輔。これだけのビッグネームが揃う横浜が、“セ界”の中心になりつつある。

関連タグ:横浜DeNAベイスターズ 野球

スポーツ新着記事

» もっと見る

小泉進次郎イチ押し 横浜DeNA次期監督に原辰徳氏

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP