菜乃花 2018年10月04日号

噂の美女・劉飛昶の淫相学 新SEX診断 高梨臨(28) 「名器度」が高めの美人女優

掲載日時 2017年09月15日 18時00分 [エンタメ] / 掲載号 2017年9月21日号

 今回は、ドラマ『あいの結婚相談所』(テレビ朝日系)でヒロイン役を務めた、女優の高梨臨を取り上げよう。
 鼻筋の通った、長く高い優美な鼻で、プライド高く神経質で、性愛には臆病な鼻相だ。
 その反面、唇がややまくれ気味に出ていて、上下とも厚く、特に能動愛の上唇が(受動愛の下唇より)厚い。野性的(表現を変えると動物的)な口相で、こちらは性愛に対して正直で、欲望のまま積極的にふるまう相だ。

 彼女のような鼻相と口相で落差の激しい女相は、肉体関係ができる前と後とで印象や関係性が大きく変化し、合う男性にはすこぶる魅力的に感じられ、合わないと(男性は)一気に冷めて離れていく。
 頬の肉付きが薄く、女性的な包容力には欠けるも、頬骨が横に張っていて忍耐力は強い。
 門歯が大きく、もみあげが長くて濃く、生来的な体質・気質は男性的で、恥毛は豊かに繁茂している。また性感の傾向として、オーガズムを1度得ると後はあっさりしていて、べったり甘えたり、後戯を求めたりといったしつこさはない。
 シャープな鼻相から、ベッドに上がってもハデに弾けるタイプではなく、目頭に切れ込みがないのでセックスに機略を持ち込まず、フェイク(感じたフリ)や演技をするタイプでもない。
 目の周囲の肉付きがほどよく、性ホルモンタンクの臥蚕(下瞼の睫毛の生えているあたり)の膨らみも豊かで、性感は良好。眼光に清潔感があって(淫があまり含まれず)、まくれた感じの唇相に将来の淫蕩を予感させるも、現時点の【淫乱度】は「3」と観る。

 口相に勢いはあるが、金甲(小鼻)に張りがほとんどなく、前述の門歯ともみあげの相が精力を底上げして、【絶倫度】も「3」。
 先天的名器度が現れる、耳の穴の手前にある切れ込みが良形。後天的名器度の指標となる口唇の締まりがユルめながら、口元の肉付きは豊か。トータルで観て、【名器度】は「3」寄りの「4」と高い。
 彼女はあげまん相(上がった下瞼のライン・三日月形の眉・豊かな金甲・すっきりとした口・おとなしい臥蚕など)がまったくと言っていいほどなく、【あげまん度】は「0」に近い「1」と低くなった。

 軽眼(大きな目)と、まくれ気味の厚い唇に尻軽性が現れていて、その上唇には目立つホクロもある。これは自ら誘惑して関係を持った相手との不和・災厄を暗示する男難ボクロだ。つぶさに観相すると、彼女の場合、さらに別の黒点(ホクロとは異なる一時的なもの)が出ていることもあり、凶意がプラスされる。
 【尻軽度】としては「3」と観るが、〈色難度〉というのがあればもっと高い評点になるところで、人一倍、自重が必要な女相と言える。

【劉飛昶プロフィール】
劉飛昶(リュウ・ヒチョウ) 観相学・東洋運命学・心理学などを独学。セクソロジーにも通じ、女相から性感の特徴などを観極め、現代にフィットした〈新〉淫相学の研究に取り組む。淫相学とは、観相術の中でも男女の交わりに主眼をおいた観法の総称。

関連タグ:劉飛昶の淫相学

エンタメ新着記事

» もっと見る

噂の美女・劉飛昶の淫相学 新SEX診断 高梨臨(28) 「名器度」が高めの美人女優

Close

マダムとおしゃべり館

▲ PAGE TOP