菜乃花 2018年10月04日号

「覗くために入った」女子トイレに侵入し、警察官逮捕 過去には不適切なSNS投稿も

掲載日時 2018年05月01日 06時50分 [事件] / 提供元 リアルライブ

「覗くために入った」女子トイレに侵入し、警察官逮捕 過去には不適切なSNS投稿も

 群馬県警高崎警察署に勤務する巡査長が今月、商業施設のトイレに侵入し逮捕されていたことが判明。その呆れた行動に怒りの声が噴出している。

 逮捕されたのは高崎警察署交通課に勤務する25歳の巡査長。今月19日、高崎市内の商業施設の女子トイレに侵入したところを、女性店員が目撃。2人がかりで取り押さえようとしたが逃走し、行方がわからなくなっていた。

 25日になり、この巡査長が自首。取り調べに対し、「覗くために入った」と述べているという。現在のところ処分などは発表されていないが、県警の首席監察官は、厳正に対処するとコメントしている。

 交通課の巡査長といえば、交通を取り締まる立場の人間。交通違反の可能性がある場所で自動車やバイクを待ち伏せし、違反をしたところで取り締まり、切符を切ったうえで反則金を納付させる「ネズミ捕り」をする存在だけに、ネットユーザーの怒りは大きい。

 なおネット上では、巡査長のFacebookやTwitterが特定されており、Facebookには大学の陸上部に所属する容疑者の姿が。また、本人と思われるTwitterアカウントには、自動販売機の前で横たわれる容疑者の画像がアップされている。これが仮に本人だとすると、普段から倫理を欠いた人物だったと言わざるを得ないだろう。

 今回のような警察官による倫理を欠いたトラブルは全国的に多発。そのたびに「どうしてこんな人物を採用したのか」と庶民から嘆きの声が上がっている状況だ。

 「警察官の指示に従わねばならないケースがあるのはもちろんですが、警察官といえども全て正しいわけではありません。エロ警官や詐欺など、不祥事を起こす人物も多いご時世です。

 警官の発言と言えどもおかしいと感じた場合は従わず、警察署への連絡や確認することをおすすめします」(事件記者)

 真面目に勤務している警察官が大多数であると思われるが、一部におかしな人物がいることも事実。自分で身を護るよう、努力したい。

関連記事
最近横行している「触らない痴漢」って何?元埼玉鉄道警察隊の隊長が告白
逆ハニートラップ?新宿署の女性巡査、暴\力団員と交際して捜査情報漏洩
大阪の中学校教諭がナンパ目的で見知らぬ女性宅に押し掛け御用
47歳の神奈川県職員が女装して女子トイレに侵入
TOKIO山口に「身体を治して戻ってきてほしい」 武田鉄矢のコメントが物議

事件新着記事

» もっと見る

「覗くために入った」女子トイレに侵入し、警察官逮捕 過去には不適切なSNS投稿も

Close

マダムとおしゃべり館

▲ PAGE TOP