葉加瀬マイ 2018年11月29日号

一発エロ逆転! 崖っぷち女子アナお色気大作戦(2) 皆川玲奈、青山愛、笹崎里菜、水卜麻美

掲載日時 2017年01月26日 19時00分 [芸能] / 掲載号 2017年2月2日号

 TBSで立場がビミョーなのは、『NEWS23』のサブキャスターを務める皆川玲奈アナ(25)だ。
 「昨年3月で膳場貴子が降板し、小林悠が後任に決まりましたが、体調不良を理由に突如退社。皆川アナが、メーンキャスターの星浩とコンビを組んで番組がリスタートしましたが、視聴率が上がらず。同年7月下旬に、元TBSでもあるフリーの雨宮塔子にポジションを取って代わられ、サブキャスターへと降格となりました。実力不足が社内外に印象付けられてしまいましたね」(放送担当記者)

 入社3年目の彼女には、確かに荷が重かったが、チャンスを生かすことができなかったのはまぎれもない事実。しかし、肩の荷が降りたせいか、最近、やけにノビノビして見えるという。
 「昨年、大ヒットした新垣結衣主演のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』に女子アナ役で出演。ガッキーと並んでも、見劣りすることのない美貌とスタイルが話題になっています。また、TBSアナがミニスカ衣装で出演した『オールスター感謝祭』でも、元モデルの皆川アナの美脚ぶりと、ニュースでは見せないハジけた笑顔を見せてくれましたね」(前出・テレビ雑誌記者)

 テレビ朝日では、昨年番組卒業をした夏目三久に代わり、『マツコ&有吉の怒り新党』の新司会に就任した青山愛アナ(28)の不人気ぶりが深刻だ。
 「高学歴のインテリアナにして、妙に女っぽい湿った雰囲気を持っているため、女性視聴者からの支持が圧倒的に低いようです。マツコとも、いまいち呼吸が合っていませんね」(放送作家)

 だが、そんな青山アナに、「女性人気は捨てた」と言わんばかりのエロアピールがスゴいことになっている。
 「番組ファンがざわついたのは、その衣装。昨年9月の放送では、ボディーにピタリと張り付くゴールドの薄いニットで、Eカップの豊かなバストが強調されていたばかりか、ブラのカップの影まで見せるサービスぶり。スカートの丈もどんどん短くなっており、ムッチリとした肉付きのいい脚を披露してくれる日が増えています」(芸能記者)

 入社前に銀座ホステスの過去が報じられ、物議を醸した笹崎里菜アナ(24)も、その話題の鮮度が失われた今、状況はなかなか苦しい。
 「同期の尾崎里紗アナの方が、社内の評価も高く、入社後に太ったなどの共通点からも、ポスト水卜麻美として期待されて、仕事も順調ですね」(日テレ関係者)

 だが、一度は内定が取り消されながら、裁判で和解を勝ち取って入社してきた根性は本物。体を張った仕事で浮上しようと奮闘中だ。
 「最近の笹崎は、とにかく衣装がエロいですよ。『オトせ!ネクストブレイク』では、胸元のVの切れ込みが際どいセクシーなノースリーブドレスで谷間を見せ、MCの千原ジュニアも目のやり場に困っていましたね。夏に、Tシャツ姿で行った農作業&薪割りロケでは、お尻を突き出し、Tシャツのゆるい胸元から思いっきり胸チラさせる大サービスでした」(前出・女子アナウオッチャー)

 日本テレビでは、ORICON STYLE発表の『第13回 好きな女性アナウンサーランキング』で4連覇を果たした水卜麻美アナ(29)も、実は安泰ではないという。
 「『好きな女子アナ』の1位が定位置ですが、『嫌いな女子アナ』でも上位に顔を出すようになっていますからね。もはやダイエットなどしていられないと、『幸せ!ボンビーガール』のシンガポールロケでは、大きめサイズのブラウス姿で谷間チラ見せさせながら、朝から現地の料理を豪快に平らげて、『朝だから、全然、罪悪感ない』という、ぽっちゃり名言を残しています」(同)

 彼女たちのエッチなパフォーマンスで、崖っぷちからの生還となるか!

関連タグ:崖っぷち女子アナ


芸能新着記事

» もっと見る

一発エロ逆転! 崖っぷち女子アナお色気大作戦(2) 皆川玲奈、青山愛、笹崎里菜、水卜麻美

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP