葉加瀬マイ 2018年11月29日号

マギーの不倫騒動追及ナシの裏に芸能界の“2人のドン”

掲載日時 2017年01月31日 12時00分 [芸能] / 掲載号 2017年2月9日号

マギーの不倫騒動追及ナシの裏に芸能界の“2人のドン”

 タレントでモデルのマギー(24)が写真週刊誌『フライデー』でロックバンド『Hi-STANDARD』のボーカルの横山健(47)との不倫が報じられたが、ベッキーの“ゲス不倫騒動”の時とは異なり、情報番組やスポーツ紙などでのバッシングが異常なほど少ない。
 「マギーが売れてないならともかく、昼の情報番組『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)、『バズリズム』(同)などバラエティー番組のレギュラーを数本持ち、ハーフタレントの中では勝ち組の1人です。追及しないのはおかしい」(芸能プロダクション関係者)

 大手プロ幹部はその理由を、「事務所の力」と言う。
 「マギーが所属するのは急成長の芸能プロ。設立当初は吉川ひなのぐらいしかいませんでしたが、今は長谷川京子や新垣結衣を始め、多くの人気俳優を抱えている。事務所の名前が世間一般に知れ渡ったのは、当時は能年玲奈の芸名だった、のんの独立騒動です」(中堅芸能プロマネージャー)

 のんは一昨年に無断で個人事務所を設立したことでトラブルに発展し、業界から干された。
 「所属事務所のA社長はこの件について、一部メディアを除いて後追い取材しないように根回ししたという。それが利くのもA社長のバックに“芸能界のドン”と呼ばれる大手プロ社長がついているからです」(同)

 A社長は、この“ドン”のみならず、夏目三久と有吉弘行の交際を闇に葬ったとされる、剛腕実力者の芸能プロ社長にも近いとされる。
 「A社長には、そんな業界の“ドン”2人がバックについている。マギーの不倫騒動を揉み消すのは朝飯前ですよ」(夕刊紙記者)

 しかし、ネット上では「ベッキーが叩かれてマギーが黙認されるのは納得できない」との書き込みが後を絶たない。
 「ゲス不倫後のベッキーは、すべてのレギュラー番組、CMなどを降板し、約1年間の謹慎生活を送りました。損害も5億円以上になったとされますからね」(芸能レポーター)

 マギーとベッキー、やったことは似ているのに…。

芸能新着記事

» もっと見る

マギーの不倫騒動追及ナシの裏に芸能界の“2人のドン”

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP