噂の美女・劉飛昶の淫相学 新SEX診断 岡副麻希(27)アソコの締まりもいい絶倫アナ

芸能・2019/11/27 22:00 / 掲載号 2019年12月5日号
噂の美女・劉飛昶の淫相学 新SEX診断 岡副麻希(27)アソコの締まりもいい絶倫アナ

岡副麻希

閉じる

 健康的な小麦色の肌から「黒すぎる女子アナ」の異名を持つ、フリーアナウンサーの岡副麻希。先頃、写真週刊誌で、競泳の中村克選手と交際中であることが報じられた。

 デビュー当時から臥蚕(下瞼のサヤエンドウ形の部分)の張りがよく、性感充実・性欲旺盛。広めの田宅(上瞼)も肉厚で、好色性強く、今後、加齢とともに妖艶なエロスを発揮しそうな女相だ。

 目頭に切れ込みがないのは、セックスに計算や演技を持ち込まない、ガチンコセックス派の証し。唇が厚いのは情愛濃厚で、特に与える愛が現れる上唇が厚いのは、交わりに際して奉仕性戯を厭わず、相手男性を感激させる。

 彼女は眼光が乾いて見える時と水気を含んで濃艶に見える時の落差が激しく、エロスのオン・オフが男性のようにはっきりしている。また、横顔が別人のように筋肉質で男性的な印象になることが多いのも、同様の意味を持つ。人間は表情を変えることはできても横顔を作ることはできず、横顔にその人の偽りのないコアな気性が現れる。

 彼女は口が大きく、アゴの骨格もしっかりしていて、歯も大粒で特に門歯が大きく、タフで生活力・生命力が旺盛の相。ベッドに上がれば回数をこなすセックスで、ひ弱な男はお呼びでない、という女相だ。

 現時点の【官能度】は「4」、【スタミナ度】も「5」寄りの「4」と高く、【モテ度】は「2」寄りの「3」の平均値と観た。

 生来的な膣道の雛型とされる、耳穴の下の溝が広めながら、眉間が狭いのは狭膣の相で、後天的名器度を示す口元の肉付きはよい。彼女は耳廓(耳の内側の波打った部分)が出っ張っていて、これは絶頂時の膣収縮が強い相で、トータルで判じて【名器度】は「3」寄りの「4」と高めだ。

 この耳廓が出ている女相は、活動的で積極的に社会参加する美点を持つ一方、我が強く、自己主張も強いため、古来、夫(恋人)を剋する後家相とされる。

 加えて、彼女は雌雄眼(左右で目の大きさが異なる)で、こちらは頭脳明晰で忍耐力もある出世相ながら、女性には強すぎて破婚相の1つ。長い眉に深慮が窺え、正面から鼻孔が覗かないのは良妻相なのだが、こじんまりと家庭に収まる女相ではなく、【良妻度】は「2」。

 やや上がり目なところがあげまん要素も、直線的な強い眉、豊かな臥蚕、勢いのある口相など、マイナス要素のほうが断然多く、【あげまん度】も「1」寄りの「2」と低くなった。

 ちなみに、色黒女性は粘膜が丈夫で傷みにくいため、一部、漁色家たちの間では、アナルセックスを楽しめる体質者として重宝がられる。筋肉質が加わると、さらに適性が増すとされ、彼女はダブルで「素質者」となるのだが、果たして…。

***********************************
【劉飛昶プロフィール】
劉飛昶(リュウ・ヒチョウ) 観相学・東洋運命学・心理学などを独学。セクソロジーにも通じ、女相から性感の特徴などを観極め、現代にフィットした〈新〉淫相学の研究に取り組む。淫相学とは、観相術の中でも男女の交わりに主眼をおいた観法の総称。

関連記事
関連タグ
芸能新着記事