菜乃花 2018年10月04日号

誤審問題を終わらせない!オリックス球団トップが緊急会見

掲載日時 2018年07月07日 06時46分 [スポーツ] / 提供元 リアルライブ

誤審問題を終わらせない!オリックス球団トップが緊急会見

 オリックス球団は先月発生した誤審問題に関する緊急記者会見を6日、京セラドーム大阪内で開いた。会見には球団のトップの湊通夫球団社長、長村裕之球団本部長が出席。オリックスが繰り返し要望を続けている再試合について、NPBは「行わない」と口頭と文書で繰り返し回答している。オリックス側はこの日、「納得する回答が得られていない」として、斉藤惇コミッショナーに提訴状を提出したことを明らかにし、最終的にはコミッショナーの判断に従う意向を示した。

 NPBにリクエスト制度が設けられた初のシーズンでもあり、審判団やNPBを擁護する声がある。ただ、ホームランのビデオ判定は2010年シーズンから行われているものだ。6月22日のソフトバンク戦(ほっと神戸)は問題となったのは、ホームランに関わる判定だった。オリックス以外の球団のファンや関係者からも非難する声が多数を占めている。NPBにとっては統一球問題以来の騒動になっているだけに、斉藤コミッショナーの決断と手腕が問われるところだ。

 選手の間からも「あの1敗がなくなってくれたら大きい」という声が上がっているのも確か。京セラドーム内にある公式グッズショップでも誤審を“やゆ”する仕掛けがある。ショップ内ではポールを立て、マネキンに福良淳一監督の「鬼仏Tシャツ」を着させてディスプレイした。球団はチーム一丸となって今回の誤審問題と闘う姿勢を見せている。

 オリックスの要望通り、誤審の直前プレーからのやり直しを実現させるのが一番の解決策であることには変わりはない。しかしシーズン終了後に「あの1敗があっても関係なかったね」と笑って話せるような戦いぶりを見せることの方が、優勝争いをするチームとしては重要になってくるだろう。

 そんなオリックスは7日に誤審騒動以来初の、ほっと神戸でのソフトバンク戦を迎える。8日の京セラドームと合わせて、まずは連勝して前回喫した2敗を取り返しておきたい。

文・写真 / どら増田

関連記事
薄くなった?オリックス、昨年から導入したデサント製ユニフォームの真相
リクエスト制度再検証へ NPBに突きつけられた「夏休みの宿題」
“オリの神童”19歳の山本由伸、オールスター監督推薦で初出場!新人王最有力候補に!
オリックス担当記者が分析、復活!西野真弘、ルーキーイヤーの輝きを取り戻す
ファンのリクエストに応えて、オリックスが3年目の『大花火ナイト』を七夕に開催!

スポーツ新着記事

» もっと見る

誤審問題を終わらせない!オリックス球団トップが緊急会見

Close

マダムとおしゃべり館

▲ PAGE TOP