菜乃花 2018年10月04日号

極秘入手! 人気女優「ギャラ&潜在視聴率」トップ10ランキング表(1)

掲載日時 2018年01月20日 20時00分 [芸能] / 掲載号 2018年1月25日号

極秘入手! 人気女優「ギャラ&潜在視聴率」トップ10ランキング表(1)

 潜在視聴率とは、過去のデータに基づき女優がドラマなどの番組に出演することによって、独自に稼ぎ出す視聴率を数値化したもの。ギャラランキングは、番組視聴率や潜在視聴率を基準に計算されている。
 「ランキングは、スポンサーの要望に応える形で民放キー局や大手広告代理店らが極秘裏に作成したのが始まりです。所属するプロダクションの大小に影響されることなく、実力や人気がある女優がより高い出演料を手にできるよう開発された合理的システムと言っても過言ではない。また、最近は地上波視聴率にタイムシフト視聴率(録画率)、さらにこの二つを合計した総合視聴率を各テレビ局や広告代理店が採用するようになり、ますます潜在視聴率が重要視されているのです」(大手広告代理店系シンクタンク上級研究員)

 今回の潜在視聴率・女優ランキングで3年間連続でトップを飾ったのが、“視聴率女王”の異名を誇る米倉涼子(42)。
 ドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』(テレビ朝日系)の成功で一気に女優界の頂点に躍り出た。潜在視聴率は15.5%、ギャラは最高ランクの5A(600万円〜)と、すべてが堂々のトップなのだ。
 「『マンネリだ』、『ネタ枯れだ』などと放映前は散々なことを言われもしたが、終わってみれば平均視聴率20.9%。最終回に至っては25.3%も獲得している。これはもう米倉様さま」(テレビ朝日関係者)

 すでにテレ朝は『ドクターX』シーズン6の制作に着手すべく、米倉サイドにオファーしているという。当然だが、NHKや日本テレビをはじめとする各テレビ局も米倉の高い人気に目を付け、囲い込みに躍起になっている。
 「いまの時代を考えれば、米倉の潜在視聴率の高さがいかに突出しているかが分かるはず。米倉をヒロインに据えれば、視聴率二桁は確実だ。後がない番組プロデューサーらがこぞって米倉にオファーを出すわけです」(ドラマ制作スタッフ)

 現段階では向かうところ敵なしの米倉。だが、完璧とも思える彼女の周辺を探ってみると、意外な弱点が二つ浮かび上がってきた。
 「一つはギャラ問題です。確かに、『ドクターX』は高視聴率を取れるソフトだが、ここに来て制作費=米倉の出演料が高騰しすぎているんです。ちなみに、制作費ですが、シーズン5は1本当たり約1億円〜。米倉の出演料は1本600万円〜。文字通り芸能界のトップ金額。ただ、この金額を出す、いや出せるのはテレ朝だけ。番組平均視聴率が20%という数字でのみ、コストパフォーマンスが合うんです。『ドクターX』に取って代わるコンテンツが生み出せないテレ朝は、赤字になろうが、制作するしかない状況に追い込まれている」(芸能プロ幹部)

 もう一つの弱点は“男”だという。
 「これこそが、米倉の最大のアキレス腱。恋愛をすると、周りが見えなくなってしまう典型的な恋愛体質。実業家だった男性との離婚調停で、あれだけ苦い思いをしたはずなのに、またしても米倉は結婚を考えているというんです。相手はアメリカ在住のダンサーで現在は遠距離恋愛中とか。事務所やテレ朝関係者も静観視している状態です。米倉は決まってオフに米ブロードウエイに行くのが恒例行事。その間に彼氏と思いっきり愛を育むんですよ」(業界事情通)

 米倉の決断次第では、年末作成のランキングが荒れるかもしれない。

関連タグ:人気女優「ギャラ&潜在視聴率」

芸能新着記事

» もっと見る

極秘入手! 人気女優「ギャラ&潜在視聴率」トップ10ランキング表(1)

Close

マダムとおしゃべり館

▲ PAGE TOP