森咲智美 2018年11月22日号

女子アナ秘密のおっぱい総選挙(6) 田中みな実、加藤綾子、伊東紗冶子〈脱いで攻めるフリーアナたち〉

掲載日時 2018年03月11日 20時00分 [女子アナ] / 掲載号 2018年3月15日号

女子アナ秘密のおっぱい総選挙(6) 田中みな実、加藤綾子、伊東紗冶子〈脱いで攻めるフリーアナたち〉

 フリーでは、昨年、女性誌のグラビアで“肘ブラヌード”を披露し、TBS時代には大きな胸が悩みのタネであったことを明かした田中みな実(31)のバストがイキイキと躍動して見える。
 「かつてはぶりっ子キャラで嫌われアナでしたが、最近は、巨乳解禁や本音トークも好評で、好感度が上がっているように思う。個人的には、昨年末に見た『もしかしてズレてる?』のキックボクシングのエクササイズシーンが最高。ビキニスタイルのトレーニングウエアで、Fカップの巨乳を振り乱してのミット打ちを見せてくれたからね」(52歳=タクシードライバー)

 フリーとなって、まもなく1年の元フジの加藤綾子(32)も、このところお肌の露出度が高くなっており、Eカップ美乳のニーズも再浮上している。
 「驚いたのは、NHK初進出となった、1月13日放送の『ぐるっと赤道3時間スペシャル』です。“赤道”を意識したかのような真っ赤なボディコン風のノースリーブのワンピース姿で、バストはもちろん、ボディー全体のラインを浮かび上がらせていました。脇からは黒いインナー、胸元からは谷間をのぞかせるサービスぶりで、改めて支持者を増やしたんじゃないでしょうか」(55歳=スーパー経営)

 最後に、最近のフリーアナの中には、元日テレの脊山麻理子(37)を筆頭に、美馬怜子(33)、塩地美澄(35)など、グラビア活動に積極的な者も多いが、中でも今後、国民的な人気者となりそうなのが若手のホープ伊東紗冶子(24)だろう。
 「セント・フォース関西の所属で、知的な微笑みに推定Gカップの神ボディーのギャップでファン急増中。現在、中央進出のタイミング待ちという状態で、人気番組のMCに抜擢される可能性も十分です。そうなればブレークは確実で、グラビアや写真集のすべてが“お宝”となるでしょう」(前出・芸能記者)

 エッチな期待がつまっている女子アナのおっぱい。皆さんの一押しは?

女子アナ新着記事

» もっと見る

女子アナ秘密のおっぱい総選挙(6) 田中みな実、加藤綾子、伊東紗冶子〈脱いで攻めるフリーアナたち〉

Close

WJガール

▲ PAGE TOP