いまだ対策が後手の福島第一原発

社会・2013/09/26 18:00 / 掲載号 2013年10月10日号

 先ごろ、福島第一原発で4月に汚染水が漏れた地下貯水槽が、最大40センチ浮き上がっていることが判明した。周囲を流れる地下水により浮力が生じたことが原因と考えられている。
 「東電によれば、浮き上がったのは縦56メートル、横45メートル、深さ6メートルの3号貯水槽。汚染水漏れの発覚で、溜めていた汚染水を地上タンクに移送して空の状態でした。3、4号貯水槽は、いずれも1〜4号機の建屋の山側にあり、1日1000トンの地下水が流れている。貯水槽周辺の地下水位は、4月から1メートル程度上昇していたといいます」(社会部記者)

 今後東電は、地下貯水槽の上に50センチほどの砂利を敷き重しにするという。ゲリラ豪雨などで急に地下水位が上がった場合は、地下貯水槽の周囲の井戸から地下水を汲み出し、別の地下貯水槽に移す計画だ。
 「地下水から高濃度の放射性物質が確認された海側一帯は、原発を建設した50年前に砂岩などで埋め立てられたため地盤が緩い。遮水壁によって敷地内に水が溜まると、1〜4号機周辺が液状化する恐れが十分にあったのです」

 高濃度の汚染水が原発前の港から外洋に流れ出れば、海外の顰蹙を買うばかりか損害賠償を請求されかねない。
 「これが日本海なら韓国、中国からの損害賠償も考えられますが、太平洋側で幸いした。しかし、何万ベクレルの汚染水も太平洋に入ったら薄められ、どこへいったかわからなくなる。グリーンピースなどの団体が騒ぎ出し、外圧が強まる可能性もあるのです」(ジャーナリスト・窪田順生氏)

 奇しくも東京電力は、9月18日に襲った台風18号で、地上タンクの堰に溜まった雨水を原子力規制庁の了承を得ず、排水し問題となった。“後手”の状態はいつまで続くのか。

関連記事
関連タグ
社会新着記事