彩川ひなの 2018年7月5日号

浅田真央 男開禁で橋大輔との初ロマンス浮上

掲載日時 2011年01月24日 11時00分 [スポーツ] / 掲載号 2011年1月27日号

 フィギュアスケートの浅田真央(20)に「初交際か」という騒動が起きている。

 浅田のカレ氏といわれるのは、同じくフィギュアの世界選手権優勝者・高橋大輔(24)。なにしろ関係者の間では“高橋本命説”さえ出ているほどだ。
 「高橋にとって浅田は、女子選手の中で、もっとも仲のいい間柄。加えて高橋は競技者を離れたイチ男性として、浅田のファンだというのは以前から有名な話。高橋にすれば、浅田は理想の女性」(スポーツ紙記者)

 一方、浅田はこれまで1度も男性と噂になったことはない。スキャンダル処女であり、本処女と評判。
 「彼女は昨年二十歳を迎えるにあたって『早くカレ氏がほしい』を連発。やはり、セックスを経験したいという欲求があるのか、けっこうガツガツ発言が目立っている」(テレビ雑誌編集者)

 もちろん、高橋にも浮いた話はない。そのうえ、
 「後輩でライバルの織田信成が結婚し1児の父親。しかも、織田信長の末裔。高橋は両親共働きでお金のかかるスケートでは金銭的にも苦労した。浅田のようなビッグネームをゲットしたいでしょう」(前出・スポーツ紙記者)

 そこに決定的な場面も浮上。1月2日に放送された『夢対決2011 とんねるずのスポーツ王は俺だ 5時間SP!!』(テレビ朝日)でのことだ。
 2人は卓球で『とんねるず』と混合ダブルスで対決。高橋がミスした際、浅田が励ますかのように一瞬、高橋の手を握ったのだ。その間1秒にも満たなかったが、映像はしっかり捉えていた。
 「スタッフに聞いても、どこか意識的だったといいます。現場でもやたらイチャついていたみたいですよ」(テレビ誌ライター)

 本誌もこの映像を繰り返し検証したが、やはり何度見ても“怪しい仕草”にしか見えなかった。
 「浅田は中学生から海外転戦が多く、学校の男子としゃべったこともない。一方、安藤美姫は現コーチのモロゾフ氏とラブラブ。カナダでエロ三昧の日々を送っている。フィギュアは海外試合が多いため、身近な人間とデキてしまうことが多い。浅田が高橋とデキても不思議はない」(前出・同)

 それでなくても、最近の浅田には大きな変化も露見。
 「スリムなわりには、急激におっぱいが膨らんできた。選手の間では、すでに高橋にヤラれたというのが定説です」(フィギュア関係者)

 妊娠が心配だ。

関連タグ:フィギュアスケート

スポーツ新着記事

» もっと見る

浅田真央 男開禁で橋大輔との初ロマンス浮上

Close

▲ PAGE TOP