菜乃花 2018年10月04日号

中山美穂 お尻丸出し過激ベッドシーン 肉欲不倫ドラマ

掲載日時 2018年08月20日 19時40分 [芸能] / 掲載号 2018年8月23・30日合併号

中山美穂 お尻丸出し過激ベッドシーン 肉欲不倫ドラマ

 「女のプライドを懸けた2人の妖艶パフォーマンスから、目が離せませんよ!」(芸能関係者)

 ミポリンこと中山美穂(48)が、10月から始まるフジテレビ系連ドラ『黄昏流星群』で肉欲不倫妻を熱演し、過激濡れ場を披露するという。

 「このドラマは、弘兼憲史氏の同名人気漫画が原作。エリート銀行員を演じる佐々木蔵之介が主演で、妻をミポリンが演じ、娘の婚約者と恋愛関係になるという倒錯した愛を展開します」(放送記者)

 佐々木と禁断の不倫愛に陥る黒木瞳(57)も出演。“アラフィフ”中山と“アラ還”黒木の「濡れ場バトル」がヒートアップすること必至とみられているのだ。

 「ミポリンは、娘の婚約者と複数回、激しいベッドシーンを披露するとも言われ、ディープキスから始まり、全身リップで興奮させてからのフィニッシュなど、フルコースの濡れ場を披露する見込み。中山は、黒木の存在を強く意識しているようで、それだけに、物語が進むにつれ、黒木をけん制するように脚本を飛び越えた“過激アドリブ”が連発される可能性もあるんです」(同)

 中山は、48歳とは思えぬフェロモン美裸身をキープしている。'14年7月、辻仁成氏と離婚。音楽家・渋谷慶一郎氏と交際したが'16年初め頃に破局した。その後、一気に“謎の若返り”をして、周囲をアッと驚かせたのだ。

「離婚、破局を経た頃の'16年10月、映画イベントに出席した際、中山の“変身”にメディアが騒然となりました。顔全体がテカり、頬が膨らみ、脚はキュッと引き締まり、胸もロケット乳化するなど、一気に若返っていたのです。その変わりぶりに、整形疑惑も出たほどで、“全身若返り”をするために特別な美容法に多額の投資をしたそうです。実際、'17年の連ドラ『貴族探偵』(フジテレビ系)でもメイド姿を堂々披露したほどで、そんなボディーをまた見られることは確実です」(スポーツ紙記者)

 実は『黄昏流星群』では、中山の“秘部”も公開されそうという。
「物語のリアリティーを出すために、激しいベッドシーンの際、布団がめくれあがり、腰を振りまくるお尻丸出しの後姿が映されるのではないか、と期待が集まっています」(同)

 当然、約10歳年上の黒木も負けてはいない。すでに2人は現場でも“私の方が主役よ”とばかり、ピリピリムードという。
「6月に出演者の初顔合わせがあったのですが、中山と黒木は他人行儀な挨拶を交わしただけで、明らかに女の火花を散らしていたそうです。セクシー美熟女バトルがすでに開戦しています」(フジ関係者)

 黒木といえば、'86年の映画『化身』では全裸を披露。'97年の映画『失楽園』でも過激シーンを披露したことが語り草になっている。

「宝塚時代の高いプライドと、バレエで鍛え上げた肉体は健在。今回のドラマでは、中山をギャフンと言わせるために脱ぐ気満々。初回からいきなり、激しい腰づかいのベッドシーンを披露し、周囲を圧倒するのではないでしょうか。中山が、すでにスタッフに対し“入浴シーンをさせてほしい”と要請しているという情報もある。その際に、“事故”を装って、今でもピンクとされる悩殺乳首をポロリ出しする可能性はもちろん、対する黒木も『失楽園』以来の過激シーンだって十分にある。どちらのセクシーシーンが視聴率が高いかを競うべく、後半は濡れ場が過激になっていくはず」(同)

 絶世の美熟女の妖艶バトルから、目が離せない!

芸能新着記事

» もっと見る

中山美穂 お尻丸出し過激ベッドシーン 肉欲不倫ドラマ

Close

マダムとおしゃべり館

▲ PAGE TOP