葉加瀬マイ 2018年11月29日号

官能小説作家書き下ろし[実録]女のSEX告白 オジサンとの共同援助交際で4人を相手に連続騎乗位挿入

掲載日時 2017年02月03日 23時00分 [官能] / 掲載号 2017年2月9日号

(まどかさん=仮名・20歳)

 今、うちの女子大では援助してくれるオジサンを探すパパ活が流行っているんです。
 私、高校生の頃からオジサンにはチヤホヤされてきたから、ネットの掲示板に「月2回エッチありで20万円」って書きました。
 希望者ゼロだったら値段を下げようかと思っていた矢先、OKの返事があったので、商談のために指定された駅に行きました。

 すると、やって来たのはダンディーでステキな50代のオジサマ。ところが、「実はお小遣いが厳しいから、4人で君を共同購入したいんだけど…」って言われたんです。
 若い男は1回会うと4発やるけど、俺たちは弱いから1人1発。「短時間で4通りのペニスを楽しめるよ」って説得されます。
 確かに一理あるし、乱交も一生に一度くらいは経験しておいたほうがいいと思って即決しました。
 だけど、このオジサン以外はみんなキモ面ばかりで、すごく後悔しました。

 「エッチは全員騎乗位で私が主導。嫌なら帰ります」
 これなら契約解除だろうと思ったら、みんなそれでいいと頷きます。
 でも、すぐには濡れないと思ったので、「皆さんで触って」と言い、自ら服を脱ぎました。オヤジたちはパンツやブラ、ストッキング、ブラウスをそれぞれ鼻に当てて深呼吸すると、すぐにペニスが勃ちます。
 私の体から何かフェロモンが出ているのかしら。彼らはお尻の穴、両乳首、クリトリスを同時に舐めてくれたので、意外にもグチョ濡れになって…。

 膣やお尻の穴に指を入れられ、脇やうなじを全員に舐められると、さすがに挿れたくなり、「必殺松茸狩り」を始めます。
 ゴムをハメさせたペニスを1列に並べ、まずは順番にフェラしてイク寸前に止めます。それから、1人目を深く挿入しました。
 締まりには自信があるので、お尻の穴に力を入れながら、およそ20回動いて射精させ、次々ペニスを渡り歩きます。
 事前にフェラしていたせいか、「ううっ」「ああっ」「出るぅ」と楽勝でミルクが大量に出ます。
 最後のオジサンだけ遅漏で、30回動いてもイカないけど、腰振りを加えたら、40回目でようやくイキました。

 ゴム擦れで少しアソコがヒリヒリしたけど、いい大人を手玉に取る楽しみに目覚めちゃったみたい。
(書き手・奈倉清孝)

関連タグ:女のSEX告白


官能新着記事

» もっと見る

官能小説作家書き下ろし[実録]女のSEX告白 オジサンとの共同援助交際で4人を相手に連続騎乗位挿入

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP