菜乃花 2018年10月04日号

オリックス帰還とは行かない!郷里の中日とジャイアンツがイチローに熱視線

掲載日時 2018年01月21日 14時06分 [スポーツ] / 提供元 リアルライブ

オリックス帰還とは行かない!郷里の中日とジャイアンツがイチローに熱視線

 イチロー(44)の周辺が騒がしくなってきた。現地時間1月16日、大リーグ公式サイトが代理人による入団交渉の中間報告を伝えた。タイトルは「MLBからオファーがなければ、日本に戻るかもしれない」――。これに敏感に対応したのが、古巣・オリックスだ。長村裕之球団本部長が記者団に応じ、
「もし日本でやるなら、ウチでやってくれたらということは前々から伝えてあって」
と、答えた。「1年でも長くメジャーでやりたいという彼の気持ちが最優先」「こちらから声をかけることはない」と前置きしてから答えたのもそうだが、言葉を選ぶように発言していたところから、慎重な姿勢が感じられた。

 関西地区で活躍するプロ野球解説者がこう続ける。
「オリックスはイチローの代理人とも定期的に連絡を取り合っているみたいです。大リーグ公式サイトのタイトルは『日本帰還』ですが、代理人はマリナーズ、パドレスとの交渉を続けているので、本部長の慎重な物言いはそのへんにも配慮したものでしょう」
 中日・森繁和監督(63)もイチローの去就について発言している。獲得交渉を進めている旨を明かしていた。
 「メジャーリーグ残留に固執するのなら、3月まで交渉が続くと思います。予定していた選手が獲れなかった、期待していた選手の調子が上がってこないなど、想定外の事態が起きた米球団がイチローと本格的な交渉を始めるので」(特派記者)

 その一方で、「急展開がある」と予想する声も聞かれた。ジャイアンツが水面下で動き出していたのだ。「トウキョー・ジャイアンツ」ではなく、サンフランシスコの…。
「ジャイアンツは外野手の増員を補強ポイントに挙げていましたが、トレードでベテラン選手を獲っただけ。センターのレギュラー選手も『空席』のまま」(米国人ライター)
 近年のイチローは「控え外野手」だった。20代や30代前半時のような強肩ではなくなったが、平均以上の守備レベルを維持している。とはいえ、クリーンアップを任せられるJD・マルティネス、L・ケインなどの有名外野手もまだ去就が決まっていない。このへんを懸念する向きもある。

 「2016−17年オフも、ジャイアンツの補強ポイントは外野手でしたが、補強に失敗したままシーズンを迎え、今年もこの調子です。クリーンアップを任せられる外野手が理想、でも、本拠地のAT&Tパークは、外野フェンスからホームまでの距離がもっとも長い球場です。クリーンアップ・タイプの外野手は守備が得意ではないので、選手のほうが難色を示すとも聞いています。ジャイアンツ次第でしょう。クリーンアップ・タイプの外野手を獲る気か、無難にセンターを守ってくれるイチローがいいのか…」(前出・同)
 代理人が交渉しているマリナーズとパドレスだが、実は、両チームとも条件提示には至っていない。交渉を進めるため、代理人は“催促”するものだが、それを行っていないということは、ジャイアンツとの交渉に入ったと見るべきだろう。

 「イチローの話ばかりですが、同じ日本人外野手の青木宣親(36)も去就が決まっていません。青木の日本帰還も可能性が高い」(前出・同)
 古巣・ヤクルトも、オリックスがイチローに向けた発言と同じ主旨のことを話していたが…。
 イチロー獲得を匂わせた中日は、松坂大輔(37)に入団テストの温情も見せていた。第1回、2回・WBCで松坂とイチローは投打の中心選手として、侍ジャパンを世界一に導いてくれた。両雄はともに認め合い、深い友情で結ばれているという。ひょっとしたら、松坂に温情を見せたのは、イチロー獲得でオリックスを出し抜く作戦だったのでは?

関連記事
【DeNA】ベイスターズ新スローガンは「勝利は我らの中にある」
金本監督の奇策 トラの正捕手に意外な選手が急浮上
「星野監督から伝わったもの」
怪物清宮のリアル評価!「プロでは首位打者タイプになる」
ダルビッシュにすがる藤浪 チーム愛よりも他球団選手に学びたい?

スポーツ新着記事

» もっと見る

オリックス帰還とは行かない!郷里の中日とジャイアンツがイチローに熱視線

Close

マダムとおしゃべり館

▲ PAGE TOP