葉加瀬マイ 2018年11月29日号

女教師のレイプに失敗し逃走! パトカーにおわれた車大破男(3)

掲載日時 2017年04月10日 23時00分 [官能] / 掲載号 2017年4月13日号

 第2の事件前日、福岡は妻の実家へ行き、様子をうかがった。妻がどこかに勤めている様子が分かったので、翌朝に玄関から出てきたところを拉致しようと考え、その日は近くのダム湖の堤防で車中泊することにした。
 ところが、エンジンをかけっぱなしにして寝ていたため、警ら中の警察官に不審に思われ、車窓をコンコンとたたかれた。
 「こんばんは。ここで何してるんですか?」
 「いや、親戚の家に行こうと思って…」
 「恐れ入りますが、免許証を見せていただけますか?」
 福岡は免許証を手渡したが、「本部に連絡する」と言ってなかなか返してくれない。さらに「所持品検査をさせてくれませんか?」と言われ、そんなことをされたら妻へのレイプ計画がバレると思い、免許証を返してもらわないまま、その場から逃走した。
 「あっ、待てーっ!」
 期せずして、パトカーに追われることになった。

 その道中、猛スピードで交差点を左折したため、対向車線で信号待ちをしていた軽自動車に衝突した。
 ガシャーン!
 だが、福岡は車から下りることなくバックして切り返し、再び逃走。軽自動車に乗っていた20代の夫婦は頚椎捻挫など全治2週間のケガを負った。
 さらに、福岡はガードレールに突っ込む自損事故を起こし、車が大破して動かせなくなったので、徒歩で逃走した。

 警察に追われる中、福岡は父親に電話で相談したが、「バカ! 警察に事故を届けないと、保険も下りないんだぞ。それに、ひき逃げで逮捕されてもっと重い罪になるぞ!」と叱られ、翌日に観念して出頭した。
 福岡は過失運転致傷などの疑いで逮捕され、綾乃さんに対する強制わいせつ致傷容疑でも再逮捕された。妻に対するレイプ未遂は立件されなかったが、駅の駐輪場で専門学校生(19)の胸をわしづかみにしたという余罪も発覚した。
 これが離婚の口実を与えることになり、勾留中に離婚が成立。福岡は「幸せそうな女性を狙っただけで、最初からわいせつ目的ではなかった」と否定したが、「犯行には一定の計画性があり、被害者の恐怖心も軽視できない。骨を折るほどの力を加えており、わいせつ目的だったことは明らか」と断罪され、懲役6年を言い渡された。
(文中の登場人物はすべて仮名です)

関連タグ:男と女の性犯罪実録調書


官能新着記事

» もっと見る

女教師のレイプに失敗し逃走! パトカーにおわれた車大破男(3)

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP