番組編成をも動かす超巨乳アナ! 北海道の最終兵器はスレンダーHカップ

芸能・2014/07/10 18:00

 北海道に“その日の衣装で視聴率を左右させる”という超巨乳アナがいる。STV(札幌テレビ放送)の熊谷明美アナは『北のおっぱいアナ』として女子アナウォッチャーの注目の的。2011年から午前5時放送の『どさんこワイド!!朝!』(月〜金曜日放送)で、北海道の朝の顔になっている。
 「STVは2013年度の札幌地区の視聴率が6年連続3冠でした。STVの説明によると、『どさんこワイド!!朝!』などの各レギュラー情報番組が好調に推移したということです。その視聴率の原動力が熊谷アナの巨乳なんです」(テレビスタッフ)

 『どさんこワイド!!朝!』は13%前後の視聴率を誇る人気番組。同番組の前身『朝6生ワイド』でも熊谷アナは2009年から朝の顔だった。
 熊谷アナは脚やお尻やウエストは細く、全体的にはスレンダーボディーながら、胸だけ巨大。まるで人形のようなプロポーションの持ち主なのだ。
 「推定Hカップです。全身ムチムチしてのHカップアナはいるでしょうが、熊谷アナはウエストがくびれ、胸だけ大きい。その落差は日本一でしょう。この巨乳を見たさに早朝5時にも関わらず、北海道の男はテレビを付けるんです。これが、ウエストが隠れるような清楚系な服だと、すぐに視聴率が0.5〜1%は下がる。バストを強調する服だと、視聴率が下がらないどころか跳ね上がる。ただし、毎回“おっぱい強調服”だと飽きられますから、勝負服を使うタイミングが難しい」(同)

 実は北海道のテレビ局における視聴率争いは、全国の地方局のモデルケースになっている。
 「地方局の場合、夕方の午後4〜7時にはドラマやアニメの再放送をしていました。ところが、1990年代にSTVが夕方の時間帯に独自の情報番組『どさんこワイド』を放送したら、他局を圧倒する視聴率を叩き出した。そこで、全国各地の地方局がマネをして、夕方に自社制作の情報番組を放送するようになった、という流れがあるんです」(テレビ誌ライター)

 その流れは朝の番組にも波及したという。
 「STVは日本テレビ系で、朝はずっと『ズームイン!!朝!』→『ズームイン!!SUPER』を放送してきました。その『ズームイン』が2011年3月に終了。『ZIP!』になるにあたり、STVは『どさんこワイド』の朝バージョンを自社制作することにしました。その切り札が熊谷アナだったわけです。“おっぱい強調服”に社運がかけられ、実際に朝も一人勝ちするに至ったわけです」(前出スタッフ)

 平日朝5時になると、ネット上では、「今日は乳強調がものすごいぞ」、「今日は見る必要なし」などの書き込みがなされる。掲示板などにキャプチャー画像や動画がひそかにアップされ、女子アナウォッチャーたちの垂涎の的になっている。
 北海道民しか楽しむことができないのが残念だ。

関連記事
芸能新着記事