菜乃花 2018年10月04日号

官能小説作家書き下ろし[実録]女のSEX告白 ミサイル型ペニスで悪夢も一掃膣とクリの同時攻めを初体験

掲載日時 2017年05月18日 23時00分 [エンタメ] / 掲載号 2017年5月25日号

(美香さん=仮名・20歳・女子大生)

 先日、第3次世界大戦が始まる夢を見て、目が覚めました。恐ろしい核戦争で、人類が苦しみながら滅亡する内容でした。
 それから気分は落ち込み、理由もなく涙がこぼれ落ちるんです。だけど、泣いてばかりいてもしょうがないので、関東の有名な温泉地へ出掛けました。
 ところが、大きな露天風呂でゆっくりしても、なぜか心はどんよりしたまま。
 少しでも明るい気持ちになろうと、性に関するさまざまな展示物がある秘宝館に行ってみることに…。
 そこは男性器や女性器が笑えるようなパロディーにして展示されていて、人間、やっぱり最後はこれだなと痛感しました。

 しばらく大きなペニスのオブジェを見ていると、「1人で来るなんて勇気あるね。初めて見たよ」と手を叩き、ニヤニヤ笑いながら中年男が声をかけてきました。
 彼は優しい声で、「車に乗れよ。いいところへ行こう」と言ったんです。
 私は蛇に睨まれたカエルのように動けなくなり、無抵抗で黒塗りの高級車に乗りました。
 着いた場所は大きな邸宅。部屋に入るなりクンクンとショーツに鼻を密着させ、「濡れた股間の匂いがする。展示物を見て発情したな?」と言うのです。
 恥ずかしくて黙っていたら、タックルしてスカートを下げ、「舐めてきれいにしてあげるよ」と強引に舌先でクリトリスをまさぐってきたんです。
 ここでも私はされるがまま。勃起したペニスを見せられると、それは少し先が尖っていて独特な形。
 「夢に出てきたミサイルはこれを暗示していたんだ」と気づきました。

 四つん這いにした私に、男は黒々としたそれを後ろからいきなり挿入してきます。さらに激しく動きながら、「おまえの体を火の海にしてやる」と耳元でささやき、最も敏感な私の“ボタン”を押したのです。
 膣とクリトリスが同時に刺激されたのは初めて。あまりの心地よさに「ううっ、イキそう」と声が漏れます。
 なおも激しく二つの感じる部分を刺激され、恥ずかしいけどお尻の穴を見せながら果てました。すごく気分が落ち込んでいるときでも女はイクんですね。

 タイプじゃない太った男にイカされて、悔しかったけど…。これで性的欲求不満がだいぶ解消されたのか、少しだけ気分がスッキリしました。
(書き手・奈倉清孝)

関連タグ:女のSEX告白

エンタメ新着記事

» もっと見る

官能小説作家書き下ろし[実録]女のSEX告白 ミサイル型ペニスで悪夢も一掃膣とクリの同時攻めを初体験

Close

マダムとおしゃべり館

▲ PAGE TOP