オートレース ★高速化で車券が当てやすくなる!?

エンタメ・2019/02/02 12:30 / 掲載号 2019年2月7日号
オートレース ★高速化で車券が当てやすくなる!?

画像はイメージです

閉じる

 今、オートレースでは史上稀に見るハイスピード戦が繰り広げられている。かつて高速化に歯止めをかけるために「滑りやすいタイヤ」が開発された事もあったのだが、ここに来て急激なスピードアップは目を見張るものがある。

 タイムが出る=タイヤがグリップしている証しであり、後方から追い上げる人気選手にとっては大歓迎。車券を購入するファンも「当てやすくなる」のは間違いないから歓迎だろう。

 安心して最高ハン選手から大金を注ぎ“勝負できる”のが理想であり、この高速化は「試走タイムが結果に反映しやすくなる」のだからありがたい。

 これから、各地で走路改修の予定もあると聞く。現在のタイヤ性能が維持されていけば、間違いなく上がりタイムは3秒2台(冬場限定)に突入するだろうし、試走タイムも3秒1台という未知の数字に遭遇できるかもしれない。

 過去には伊勢崎の髙橋貢が3秒20を計時し、これが全選手の中で最高のタイム(公式には試走最高タイムは発表されていない)。今年の年末あたりは、試走最高タイムが出ていても不思議ではないだろう。

 「難しい」、「当てづらい」。この15年ほどはこんな声を度々耳にしたオートレース。高速化の波は、そんな悩みを改善してくれるカンフル剤となりそうだ。

関連記事
関連タグ
エンタメ新着記事