横綱・白鵬が“無観客”春場所でヒジ打ち連発! 横審にムキ出しの対抗心

スポーツ・2020/03/21 15:00 / 掲載号 2020年4月2日号
横綱・白鵬が“無観客”春場所でヒジ打ち連発! 横審にムキ出しの対抗心

白鵬

閉じる

 無観客で行われている春場所もいよいよ終盤戦。誰がこの異例の場所を制すか。候補もしぼられてきたが、もう1つ注目されるのが横綱・白鵬と横綱審議委員会(横審)の対決だ。

 白鵬の肘打ちのような張り手、かち上げは、これまで横審に何度も注意を受けてきた。去年の九州場所では、「見苦しい。そんなことをしなくても勝ってほしいという気持ちだ」と、横審の矢野弘典委員長にクレームをつけられたが、ルール違反ではないだけに本人は平然としたもの。

 今年の正月明けも、「禁じ手というものではないので。自分は自分の相撲を取るだけです」と、白鵬は全く意に介さない。

 そこで矢野委員長は、先場所の定例委員会後に改めてこの問題に触れ、「ルール違反と言っているんじゃない。横綱は違うんだから、より高く自分を律する基準を持ってほしいと言っているんです」と切り込んだ。

 これに対して白鵬がどう反応するか。春場所の出方が注目されたが、答えはある意味で予想通りのものだった。

 10日目を終えて白鵬は9勝1敗だが、勝ち星の内の半分以上が立ち合いに強烈な張り手を見舞い、勝機をつかんだものだった。とりわけ、初日の遠藤戦はこめかみを狙い、2発でKO勝ちしている。決まり手は、叩きこみだった。どうして白鵬はここまで横審に逆らうのか。

「白鵬は勝つには勝っているが、モタつきが目立つなど、明らかに衰えている。もう張らなきゃ勝てないんですよ。これから優勝争いが佳境に入りますが、ますます張るでしょうね」(担当記者)

 こんな白鵬を周囲はどう見ているか。春場所2日目、白鵬にかかった懸賞はたった1本。10年前には歴代最多の年間2111本も獲得しただけに、何かの手違いかと思ったら、4日目も、6日目も1本。無観客で懸賞が半減しているとはいえ、いよいよスポンサーが背中を向け始めている。

 大阪のファンはシビア。無観客でブーイングがないのが救いかもしれない。

関連記事
関連タグ
スポーツ新着記事