菜乃花 2018年10月04日号

麻原彰晃死刑囚“執行Xデー”目前で割れる『ひかりの輪』

掲載日時 2017年01月20日 10時00分 [社会] / 掲載号 2017年1月26日号

 元オウム真理教の広報部長・上祐史浩氏が主宰する『ひかりの輪』に分派活動か? 『ひかりの輪』から“出禁”処分を受けた会員や内部に批判的なジャーナリストが、情報交換や脱会者等の交流を目的として、『インコの会』なる団体を立ち上げ、活動を開始したという。
 「『インコの会』が結成されたのは昨年9月。ただ、ネット上の存在のみで、メンバーや活動内容もよく知られていなかった。しかし、今年に入り1月4日に都内で結成披露を兼ねた新年会を開催。活動が本格的になっているのです」(宗教ライター)

 『ひかりの輪』は、同じオウム真理教の流れをくむ『アレフ』が秘密主義を取るのに対し、麻原信仰の否定を打ち出し、活動内容も公開しているとされていた。しかし、『インコの会』によれば、『アレフ』同様、麻原彰晃死刑囚に帰依する部分を残し、偽装勧誘で会員を増やしているという。対して、『ひかりの輪』関係者は「偽装勧誘はあり得ない。『インコの会』のことはよく分からないが、これから注意して見ていく必要がある」と語る。
 「『インコの会』は、公安との関係や内部情報漏洩がバレて、除名同様の扱いを受けた会員が立ち上げた組織なんです。今まで上祐氏を中心に団結し、麻原脱却をアピールしていた『ひかりの輪』にとってはイメージダウンになるでしょう」(前出・宗教ライター)

 さて、一連のオウム真理教裁判は、すでに審理が終了し、今後は麻原死刑囚をはじめとする13人の死刑囚に、いつ死刑が執行されるかが焦点となる。ある公安OBがこう語る。
 「天皇陛下の生前譲位の関係もあり、平成は30年で最後というのが政府の方針。法務省や公安関係は、懸案事項は平成のうちに、と考えているはずなので、執行は迫ってると思われます」

 いよいよ迫る“Xデー”に向け、何やらさまざまな動きが表沙汰になりそうだ。

関連タグ:ひかりの輪

社会新着記事

» もっと見る

麻原彰晃死刑囚“執行Xデー”目前で割れる『ひかりの輪』

Close

マダムとおしゃべり館

▲ PAGE TOP