森咲智美 2018年11月22日号

震災特需AMラジオを支える熟女パーソナリティーの色香(1)唐橋ユミ、小島慶子

掲載日時 2011年04月30日 12時00分 [エンタメ] / 掲載号 2011年5月5日号

 地震のときはラジオが役立つといわれてきたが、今回の大震災で、その言葉が説得力を増している。
 「震災への対応で、現在はネットラジオの『radiko』がエリア制限を解除し、全国で聴けるため、特にAMラジオの聴取率が上がっています。そこで、各番組に登場する女性パーソナリティーの注目度がうなぎ昇りなのです」(ラジオ局関係者)

 彼女たちの中で最も人気が高いのが、文化放送『吉田照美 ソコダイジナトコ』の唐橋ユミ(35)だ。
 「同番組は、特に福島原発について正確な情報を伝えていると定評があります。彼女は『サンデーモーニング』(TBS)にも出ているため認知度も高く、艶っぽさで中年サラリーマンに人気ですが、まだ独身で見た目は20代後半といった感じ。テレビ出演の際はナイロールフレームの眼鏡をかけており、これがまたソソられるんです」(関係者)
 唐橋は福島県出身で父親は喜多方市にある「ほまれ酒造」の社長。同社の清酒『会津ほまれ』の販促プレゼント企画に彼女が出たこともある。実践女子大学文学部を卒業後、高橋圭三塾に入塾。テレビユー福島に契約アナとして入社し、'04年に退社後、関口宏の『三桂』に入った。
 「三桂の中では最も売れている女子アナといえます。理由は、中年プロデューサーのウケが非常に良いため。横から映されたときに分かりますが、モチモチした白い肌に加え、推定Dカップの巨乳…。それを見たさに、別番組の若いスタッフが『サンデーモーニング』のスタジオに来ることがあるほどですよ」(関係者)

 TBSラジオの人気番組『キラ☆キラ』の小島慶子(38)も、熟女キャスターとして人気急上昇中だ。学習院大学法学部を卒業し、TBSに入社(昨年6月に退社)。同番組は柔らかい内容もいけるが、今は震災報道にも力を入れており、同時間帯(月〜金曜・午後1時〜3時30分)で聴取率ナンバーワン。
 「小島は2児の母でもありますが、昨秋に『週刊プレイボーイ』でヒップの割れ目くっきりの競泳水着姿を披露し、さらにファンを増やしました。最近では『ぜひヘアヌードも』と関係者が口説いているようで、本人もまんざらではなさそうです」(某カメラマン)
 彼女の場合、猥談を得意とするのも聴取率アップの理由だろう。
 「『キラ☆キラ』は“昼間の深夜放送”の異名をとり、コンドームを着けるタイミングまで丁寧に解説してくれます(笑)」(TBSラジオ関係者)

関連タグ:AMラジオ

エンタメ新着記事

» もっと見る

震災特需AMラジオを支える熟女パーソナリティーの色香(1)唐橋ユミ、小島慶子

Close

WJガール

▲ PAGE TOP