噂の美女・劉飛昶の淫相学 新SEX診断 朝日奈央(25)「絶倫度」満点の荒芸タレント!?

芸能・2020/01/22 22:00 / 掲載号 2020年1月30日号
噂の美女・劉飛昶の淫相学 新SEX診断 朝日奈央(25)「絶倫度」満点の荒芸タレント!?

朝日奈央

閉じる

 今回は、アイドルグループ「アイドリング!!!」の元メンバーで、現在はマルチタレントとして活躍中の朝日奈央を取り上げたい。

 10円玉を鼻の穴に詰めたり、目のくぼみに押し込んだりと、元アイドルとは思えない「荒芸」で、「NGなしタレント」とも呼ばれている彼女。その破天荒さを支える「なりふり構わぬ強さ」と「あり余るエネルギッシュさ」が、顔相の随所に出ている。

 具体的には、大きな口と幅広のアゴの骨格、大振りな歯列のアーチに、タフな生命力とバイタリティーがあり、大きくしっかりした鼻に我の強さが観て取れる。

 大きな鼻孔にエネルギーや金銭の出し惜しみをしない気前のよさが、また、その鼻孔が正面から覗く所に本音・本性を曝け出す豪放さが現れている。

 額を露出するヘアスタイルが多いのも、可愛い子ぶらず、自力で生き抜く強さと自信の所産だ。

 張りのよい頬骨はアクティブで目立ちたがり屋の相で、出っ張り気味の耳廓(耳の内側の波打った部分)も主張の強い攻撃的な相。張ったエラも同様で、強い目力が打たれ強く意志堅固の相ときては、女相としてはいささか強すぎる顔相だ。

 性ホルモンタンクの臥蚕(下瞼のサヤエンドウ形の部分)がぷっくりと豊かで、エロスのポテンシャルは高く、唇も上下とも厚くて、精神面の情愛も濃い。

 肉体面のエロスは、前述のタフさゆえ必然的に絶倫型となり、淡泊な男とは長続きしない。しかし、彼女のような「強すぎる女相」は、相性としては柔軟で家庭的な草食系男が良好だ。肉体の愉楽と精神の安息が両立しづらい女相ゆえ、相手を選び、ぴったりフィットするまで交際・離別を繰り返す可能性が高い。

 結婚後も家庭に入るタイプではまったくなく、外に出て仕事をし、「主夫を養う」女相。鼻下にある目立つ活きボクロは衣食に困らない吉ボクロで、夫となった男性も、当然、この福分にあやかれる。

 尻軽相が少なく、爆笑した時に歯茎が露出するのが誘惑に弱い相ながら、これは楽天家の相でもあって、ノリだけでベッドインに至り失敗をやらかしても、クヨクヨと後悔せず、立ち直りが早い。【官能度】は「3」寄りの「4」と高めで、【モテ度】は「3」、【スタミナ度】は文句なしで満点の「5」。一方、【良妻度】は「1」とかなり低い。

 先天的名器度が現れる風門(耳穴の下の溝)が広めながら良形。大口は粗器の相ではあるものの、締まりのよい口元がカバーして、【名器度】は「3」と観る。

 眉尻の下がった穏やかな眉相と、張りのよい金甲(小鼻)があげまん要素。強すぎる口相と厚い臥蚕がマイナスながら、トータルで観て【あげまん度】は「2」寄りの「3」と、現代女性としては高めだ。

***********************************
【劉飛昶プロフィール】
劉飛昶(リュウ・ヒチョウ) 観相学・東洋運命学・心理学などを独学。セクソロジーにも通じ、女相から性感の特徴などを観極め、現代にフィットした〈新〉淫相学の研究に取り組む。淫相学とは、観相術の中でも男女の交わりに主眼をおいた観法の総称。

関連記事
関連タグ
芸能新着記事