葉加瀬マイ 2018年11月29日号

噂の美女・劉飛昶の淫相学 新SEX診断 北川景子(29) 年を重ねて“性欲旺盛”に

掲載日時 2016年02月06日 20時00分 [官能] / 掲載号 2016年2月11日号

噂の美女・劉飛昶の淫相学 新SEX診断 北川景子(29) 年を重ねて“性欲旺盛”に

 今回取り上げるのは女優の北川景子。先頃、タレントで歌手のDAIGOと入籍し、「恋多き女」もついに年貢を収めた。
 丸みのある頬骨がほどよく出て、吊り上がりの眉と目、どっしりとした鼻、強い目力と、いかにも芸能人らしい強い顔相だ。一方のDAIGOも、眉が吊り上がり、鼻相が強く、我の強さでは負けていない。
 どちらも額が広く、耳の大きな良相で、北川のほうが仕事向きの顔をしている。
 DAIGOは目が垂れて眼光が優しく、アゴが長くて(しかし尖らず)、家族愛が深い。北川より家庭的で、いい父親になる。

 北川は性ホルモンタンクの臥蚕(下瞼の睫毛が生えているあたり)の肉付きが薄い反面、下唇がぼってりと厚く、やや出っ張ってもいる。目より口に淫蕩さが強く出でいて、これは同じセックス好きでも、カラッとした男性的な傾向の現れ。
 デビュー当時から眉が細く、好色性の高い相で、田宅(上瞼)は目尻部分が厚く、今後、加齢とともにさらに性欲旺盛になる。現時点で【淫乱度】は「4」。

 彼女は鼻が長さ・横幅ともにあり、金甲(小鼻)の張りがとても大きい。口は大きくないが門歯が大きく、アゴ先が角張り、首が太めで、生命力の強い、図太い神経の持ち主。バイタリティーがあり、【絶倫度】も「4」と高い。
 膣道の雛型とされる、耳の穴の手前の切れ込みが細くて深く、唇に歓待紋(細かな縦皺)が多いところも名器要素。ただ、後天的名器度が現れる口元の締まりがあまりよいとは言えず、【名器度】は「4」寄りの「3」。
 豊かな金甲はあげまん相。最近は眉を、丸みを帯びるよう作っている点や、おとなしめの臥蚕相もプラス要素。しかし、厚すぎる下唇相が大きく足を引っ張っており、【あげまん度】としては「2」止まりとなった。
 鼻孔が大きく、正面からやや覗けてもいて、(セックスも金銭も心遣いも)ケチらず豪快で、自分の欲望に正直。鼻下が短く、耳の位置が高くて、性愛の場面では思慮よりも感性と欲望にまかせて突っ走る。【尻軽度】は「3」。

 男女の相性は、人相学的に、相補性を持つのがよい。北川とDAIGOとでは、眼形の他、アゴ先の形、口の大きさなどが対照的で、総じて相性のよい組み合わせだ。
 両者とも、自己愛・受動愛の下唇がかなり厚く、他者愛・奉仕愛の上唇は薄い。家庭でもセックスでも自己中心的な甘えん坊で、かまって欲しいタイプ。常に相手に奉仕を求める。
 北川のほうが相全体が強くて気性も激しく、夫婦が長く続くかどうかはDAIGOの愛情と胆力にかかっている。
 どちらも吊り上がりの眉形で、関係がこじれると両者とも退かないため、一気に冷え込む可能性が高い。

【劉飛昶プロフィール】
劉飛昶(リュウ・ヒチョウ) 観相学・東洋運命学・心理学などを独学。セクソロジーにも通じ、女相から性感の特徴などを観極め、現代にフィットした〈新〉淫相学の研究に取り組む。淫相学とは、観相術の中でも男女の交わりに主眼をおいた観法の総称。

関連タグ:劉飛昶の淫相学

官能新着記事

» もっと見る

噂の美女・劉飛昶の淫相学 新SEX診断 北川景子(29) 年を重ねて“性欲旺盛”に

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP