葉加瀬マイ 2018年11月29日号

噂の美女・劉飛昶の淫相学 新SEX診断 二階堂ふみ(22) 野性的なセックスが好み!?

掲載日時 2017年04月03日 18時00分 [官能] / 掲載号 2017年4月6日号

噂の美女・劉飛昶の淫相学 新SEX診断 二階堂ふみ(22) 野性的なセックスが好み!?

 今回取り上げるのは、先頃、写真週刊誌でイケメン映像作家との半同棲をスクープされた、女優の二階堂ふみ。4月スタートの連ドラ『フランケンシュタインの恋』(日本テレビ系、主演・綾野剛)では、ヒロイン役を演じる。
 以前と比べ、特徴的だった強い目力がやや柔らかくなり、ハネ上がりの眉も弓なりに作るようになって、女性的で温厚な相に変化してきた。もっとも、生来の顔相が強いことに変わりはなく、身体的なタフさだけでなく、精神もタフで、神経が野太く、打たれ強い。いかにも女優として大成しそうな女相だ。

 性ホルモンタンクの臥蚕(下瞼の睫毛が生えているあたり)の張りがよく、唇が上下とも厚くて、肉体的な性感・性欲、精神的な情愛、ともに濃厚。目頭に切れ込みがなく、準頭(鼻の頭)が丸々として大きく、山根(鼻の付け根)が低く、これらはいずれも気取らない野性的なセックスを好む相で、相手男性も淡泊では務まらない。
 他者愛・奉仕愛を示す上唇がとても厚く、その唇に歓待紋(細かな縦皺)が多く、ベッドに上がればフェラチオをはじめとする尽くす性戯を惜しまない。彼女は丸額で、女性的な心性を備えつつも、歯が大きく、ガサツで男性的な一面も持ち、どちらが現れるかで男性が味わうエロスに大きな開きができる。
 また、彼女はふとした時、目力が過剰に強くなることがあって、こういう女相のセックスは(能動か受動か、SかMかなどで)針の振れ幅が大きく、相性が合えば一気に淫蕩になるが、こじれれば破綻も早い。
 唇が出っ張って口相に勢いがあり、金甲(小鼻)も肉厚で張っていて、なかなかの絶倫家だ。【淫乱度】【絶倫度】ともに高く、「4」。
 先天的名器度が現れる、耳の穴の手前にある切れ込みが、細くて狭い名器耳(特に左耳)。口元の肉付きも豊かで、後天的名器度も悪くない。垂珠(耳たぶ)が大きく、耳が肉厚なのは陰阜(恥丘)がふっくらと豊かな相。【名器度】も「3」寄りの「4」と高い。

 彼女は鼻筋の反った子供っぽさの残る鼻相で、異性の誘惑に乗せられやすい。低い山根と歯列がやや外向きなところも、お人好しでダマされやすい。厚い唇で惚れっぽく、男縁には恵まれるものの、【尻軽度】としては「4」寄りの「3」と高めだ。
 豊かな金甲があげまん要素ながら、吊り上がりの地眉に、豊かな臥蚕、厚い唇、勢いのある口相と、マイナスのほうが圧倒的に強く、【あげまん度】は「2」。

 一見、女優の宮﨑あおいと顔の印象が似ているが、相学的には二階堂のほうがずっと強く、気性もエロスも激しい。我が道を行く強さも備えており、彼女の伴侶となる男性は相応の実力と胆力がなければ続かない。

【劉飛昶プロフィール】
劉飛昶(リュウ・ヒチョウ) 観相学・東洋運命学・心理学などを独学。セクソロジーにも通じ、女相から性感の特徴などを観極め、現代にフィットした〈新〉淫相学の研究に取り組む。淫相学とは、観相術の中でも男女の交わりに主眼をおいた観法の総称。

関連タグ:劉飛昶の淫相学

官能新着記事

» もっと見る

噂の美女・劉飛昶の淫相学 新SEX診断 二階堂ふみ(22) 野性的なセックスが好み!?

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP