葉加瀬マイ 2018年11月29日号

夏目三久 石田エレーヌ出産祝いで 盛り上がったあの人の話

掲載日時 2013年02月28日 18時00分 [芸能] / 掲載号 2013年2月28日号

夏目三久 石田エレーヌ出産祝いで 盛り上がったあの人の話

 元日本テレビの局アナで、現在はフリーの夏目三久(28)が、日曜夕方の情報番組『真相報道バンキシャ!』(日本テレビ)の新キャスターに抜擢された。
 「産休に入る鈴江奈々アナの後任で登場は4月から。一昨年の1月まで同局に在籍していた“古巣”に2年ぶりの復帰となります」(日本テレビ関係者)

 実は、最初に声をかけたのは、やはり元日テレの西尾由佳理だった。
 「でも、彼女は4月からフジテレビ『知りたがり!』の後継番組のキャスターに内定していた。局アナは鈴江だけでなく、石田エレーヌも産休中だし、情報番組を任せられるのがいない。そこで、夏目に白羽の矢が立ったのです」(芸能記者)

 夏目は'11年4月からテレビ朝日のバラエティー番組の司会に起用されると、共演のマツコ・デラックスと有吉弘行にイジられるキャラが受けてブレイク。“女子アナ人気ランキング”でも、常に上位に顔を出すようになった。
 「しかし、夏目にとって古巣でレギュラーを持つのは複雑な心境なのです。辞め方が、ちょっとひどかったですから」(局関係者)

 退社のきっかけは、夏目自身の“セックススキャンダル”だった。
 「'09年夏、写真週刊誌に当時交際していた広告代理店勤務の彼氏との添い寝姿や、“コンドームの箱”を手に微笑む写真が流出したのです。以来、社内で夏目は陰で“さがみちゃん”と呼ばれていました」(芸能記者)

 でも、こうした騒動は女子アナにはつきもの。NHKを含め他局でもよくある話なのだが、日テレは夏目をかばうどころかアナウンス部からの異動を勧告。そのため、夏目は泣く泣く退社の道を余儀なくされたのだ。
 「特に、この意見を強く主張したのがアナウンス部の上司だった木村優子現部長といわれています。『バンキシャ!』は報道局が作っているので、アナウンス部と接する必要がなく、それがOKした最大の理由ということですが、今でも木村部長には“怒り心頭”のようです」(テレビ局関係者)

 2月1日に男児を出産した石田アナの“出産祝”でも、この話題で大いに盛り上がったという。
 「石田アナも、言動や生活態度のことでよく注意されていますからね。日テレ時代から仲の良い2人なら、木村部長への不満は尽きませんよ」(芸能記者)

 ひと波乱起きそうだ。

芸能新着記事

» もっと見る

夏目三久 石田エレーヌ出産祝いで 盛り上がったあの人の話

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP