葉加瀬マイ 2018年11月29日号

有働由美子の独立で加速するフジテレビニュースMCの一掃

掲載日時 2018年05月02日 12時00分 [芸能] / 掲載号 2018年5月10・17日合併号

 有働由美子(49)のNHK退社によって、フジテレビが大きく揺れている。
 「低迷を極める視聴率のテコ入れにと、この4月には編成を大きく組み替えてきましたが、好転する気配がないばかりか、夕方の『プライムニュースイブニング』に起用した反町理キャスター(54)のパワハラ&セクハラ疑惑が急浮上。同番組は、もともと“NHKの麿”こと登坂淳一の民放キャスターデビューが決定しながら、過去のセクハラ問題が報じられて開始直前に降板。BSでキャスターぶりが好評だった反町氏を急きょ抜擢してスタートした経緯があり、その反町氏も問題を抱えているとなると、もうフジには打つ手がない。有働の獲得が、最後の希望と言われているんです」(フジ関係者)

 有働は、多数舞い込んだオファーを「そういうお話は正式に辞めてから」と律儀にも断ってきたそうだ。現在は完全フリーで、決まっていたNHKの仕事をこなしている状態。フジは「まだチャンスはある」とみているという。
 「NHKも専属契約を結べないかと、破格の条件で交渉を始めています。フジはそれ以上の条件で札束攻勢をかけようと必死ですよ」(放送担当記者)

 獲得のポイントとなりそうなのは、ジャーナリスト志向が強い有働を、どう口説くかだ。
 「ゴールデン帯へと、いい形でバトンを渡すために、重要な夕方のニュースを任せたいはず。まずは問題提起型のドキュメンタリー特番で自由にやってもらうのが得策だろうと、池上彰のようなポジションでの担ぎ出しを狙っています」(同)

 そうなると、有働招聘資金の捻出のために、いよいよあの大物キャスターたちがお払い箱になるようだ。
 「『グッディ!』の安藤優子と、『とくダネ!』の小倉智昭です。安藤は左傾化が著しく、不倫擁護発言などもあって評判も悪い。小倉にしても、この4月から伊藤利尋アナがMCに加わり後継者がハッキリしたことから、勇退は秒読みです」(前出・フジ関係者)

 有働獲得の火蓋は切って落とされた。

芸能新着記事

» もっと見る

有働由美子の独立で加速するフジテレビニュースMCの一掃

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP