紗綾 2019年8月1日号

「経済力で日本を逆転する」と吹聴する噴飯物の韓国

掲載日時 2019年02月19日 21時45分 [社会]

「経済力で日本を逆転する」と吹聴する噴飯物の韓国
画像はイメージです

 日本人の神経を逆なでしまくっている昨今の韓国。あらためて日韓の経済力について現状を比較してみよう。

〇名目GDPは総人口数の多い日本が韓国を上回るのは当然だが、国民1人当たりの同数値で比べると、日本は約4万ドル、韓国は約3万ドル。世帯年収は日本が429万円、韓国は357万円と現状は日本が上回る。

〇IMF(国際通貨基金)が予測する2019年の経済成長率は、日本が1.1%であるのに対し、韓国は2.6%で、このままいけば徐々に差は詰まり、逆転の目も出てくる。この部分で韓国は“逆転”を確信しているわけだ。

「サムスンをはじめとする韓国の財閥が、韓国の経済成長の原動力となってきましたが、文在寅大統領は『財閥解体』を公約に掲げており、韓国のトヨタといわれるサムスンも18年10〜12月期は前年同期比29%減益となるなど落ち込んでいます。このままでは成長に歯止めがかかる可能性大です」(韓国ウオッチャー)

 1月31日、韓国銀行は18年の韓国の1人当たりのGNI(国民所得)が3万1000ドルに達したと発表し胸を張った。

「人口5000万人以上の国で、1人当たりのGNIが3万ドルを超えたのは世界で7番目とのコメントが添えられましたが、2万ドルを超えたのは06年のことです。それから3万ドル台に乗せるまで実に12年かかっています。日本は5年で達成していますからスピードが違います。まあ現時点でそう指摘すれば、韓国は『日本は統計をごまかしている』と茶化すでしょうが…」(経済アナリスト)

 しかし韓国には日本にはない恐るべき「戦略商品」が存在している。それは「憎悪物品」だ。

「韓国の若い女性にとって、慰安婦像は『少女の純潔を汚す悪い日本』の象徴だそうで、そんな慰安婦像を手元で愛でるためのミニチュアの価格は2万5000ウォン(約2500円)です。スマホケースや文房具、バッグ、衣類と幅広い商品を取り扱う『マリーモンド』は、もともとは元慰安婦を支援する目的で設立されたブランドで、小物類には、彼女らをモクレンやナデシコなどの『花』で表現した絵柄を用いています。ちなみにスマホケースは2万3000ウォン(約2300円)です」(前出のウオッチャー)

 ここまでやられると「怒り」を通り越して「哀れ」になってくる。


社会新着記事

» もっと見る

「経済力で日本を逆転する」と吹聴する噴飯物の韓国

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP