葉加瀬マイ 2018年11月29日号

超高額3万円 シロウト美女の「自撮り女性器」映像公開裏サイト

掲載日時 2018年09月08日 23時00分 [事件] / 掲載号 2018年9月13日号

 「無修正動画は、いまやネット配信が主流。とくに最近は“動画販売サイト”が急増しており、素人でもセックス動画を投稿すれば、簡単に収入を得られるのです」(裏DVDライター)

 先頃、静岡県浜松市の新村和弘市議(47)が動画販売サイトでアダルト動画を投稿し、5カ月の間に10万円相当の利益を得ていたことが発覚。8月16日に辞職した。
「しかも新村氏は、無料で視聴できるアダルト動画をダウンロードし、それを販売していたんです。議会開催中でも市役所から投稿していたというから呆れた話」(全国紙社会部記者)
 開いた口が塞がらないが、このような個人が動画を投稿して販売できるサイトで、今、積極的に小遣い稼ぎをしているのは、もっぱら素人女性なのだという。

 「特に多く見かける動画が“自画撮りオナニー”。男が撮影したハメ撮りや盗撮とはまた違う、秘密めいた淫靡な雰囲気があって、めちゃくちゃ売れていますよ」(ネット事情に詳しいライター)

 まずは、投稿した動画が金になる仕組みを説明しよう。
「動画投稿には大きく分けて二つのタイプがあります。一つは『ユーチューブ』や『ニコニコ動画』といった、誰でも無料で閲覧できる動画サイト。これらは再生回数に応じて投稿者に広告収入が入るシステムですが、1再生につき約0.1円。1万回再生されたなら、1000円程度の儲けです。そもそもアダルトはNG」(同)
 素人女性たちが秘密動画を投稿しているのは、もう一つのタイプで、『FC2アダルト動画』などだ。
「こちらも再生数に応じた広告収入はありますが、それとは別に、投稿者が自分の判断で“有料動画”にできるんです。例えば、10分の動画を1000円で販売すると設定すれば、見たい人はサイト内で購入できる“チップ”を使い支払うわけです」(同)

 つまり、サイト内の仮想通貨で売買するのだ。
「最近は『FC2アダルト動画』以外にも、人気の動画販売サイトが10サイト以上存在します。これらは海外にサーバーを置いているため、無修正モノが溢れている。非常に過激な動画が多く、“お金を出しても見たい”視聴者も増えている。ネットを使えば無料で無修正動画がいくらでも見られる時代ではありますが、単なる裏動画に飽きているマニアも多い。もっとリアルで生々しいものとなれば、素人女性のオマ〇コが拝めるオリジナルの投稿動画になるんです」(同)
 では、女性たちはどのような動画を投稿しているのか。やはり多かったのは、自撮りオナニーだ。

 サイト内検索で《自撮り オナニー》と打ち込めば、星の数ほど動画が出てくる。
『自撮り 21歳JD♥オマ○コ開きっぱなし』
『初めての自撮りオナニーです。25歳OL』
『ダブルのローターでイッちゃった♥』
 などなど、興味深いタイトルが並んでいる。もちろん、これらは投稿女性が自分で考えたタイトルだ。
 動画を視聴するにはポイントが必要で、自撮りオナニー動画の場合、100ポイント〜500ポイントが相場。1ポイントは1円の場合が多く、100円で再生できる動画もあるという。
「“100円動画”は時間も短く、女の子が顔を出していないケースが多い。一方、500円以上の動画は女の子も可愛くて内容も過激といった具合です」(裏DVDライター)

関連タグ:映像公開裏サイト

事件新着記事

» もっと見る

超高額3万円 シロウト美女の「自撮り女性器」映像公開裏サイト

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP