菜乃花 2018年10月04日号

突如噴出した、まさかの不要論 有吉弘行テレビ局内の評判

掲載日時 2016年10月13日 12時00分 [芸能] / 掲載号 2016年10月20日号

 毒舌芸人として再ブレイクした有吉弘行(42)にタレント生命危機説が浮上している。

 今や押しも押されもせぬ人気者の有吉だが、民放各テレビ局が局の垣根を乗り越えて開催するディレクター会議で、有吉は一発屋ならぬ二発屋の烙印を押されてしまったというのだ。
 「この会議でNGの評価が出た芸人は、皆、テレビから消えています。彼がNGの理由は、タレントや芸人にとって求められる愛が乏しいからです。現在、テレビで生き残って活躍している芸能人は、言葉にこそ出さないが優しさや愛があるんです」(キー局編成マン)

 有吉に対し厳しいジャッジを下しているのは制作スタッフだけではないという。数々のテレビ番組で共演してきた芸能人からも批判の声が噴出しているのだ。
 「一番多いのは『天狗になった』という意見。面倒だからという理由で、テレビ局に大御所がいることが分かっていても絶対に自ら挨拶に行かないそうです。さらに評判を下げているのが、熱愛を報じられた夏目三久との一件です。遊ぶだけ遊んで捨ててしまったともっぱら」(テレビ界事情通)

 そもそも、なぜ有吉はここまで嫌な奴になり下がってしまったのか?
 「年収ですよ。莫大なギャラを手にしているため、ちょっと勘違いしているんです」(芸能関係者)

 現在、有吉のレギュラー番組は『有吉反省会』(日テレ系)、『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)、『マツコ&有吉の怒り新党』(テレ朝系)など計15本以上。ツイッターのフォロワーも200万人を超えているという。結果、今年度の年収は5億円超えだとも噂されているのだ。
 「所属事務所からマネージャーが2人、さらに有吉移動専用車として高級ワゴン車が手配された。運転手は元格闘家でボディーガード役も兼任している。扱いは同事務所の前田敦子よりも上」(芸能プロ関係者)

 有吉さんを見捨てないでくだしゃい!

芸能新着記事

» もっと見る

突如噴出した、まさかの不要論 有吉弘行テレビ局内の評判

Close

マダムとおしゃべり館

▲ PAGE TOP