紗綾 2019年8月1日号

北朝鮮の少女たちが“花嫁”として売られている価格

掲載日時 2019年01月19日 07時00分 [社会]

北朝鮮の少女たちが“花嫁”として売られている価格
画像はイメージです

 脱北者は男性より女性の方が多い。過去数年間で中国に逃れた脱北者数は約20万人に及ぶが、その7割を占めている。

 理由は潜伏しやすく、当局に密告されることもないからだが、それは“女”であるからこそだ。

「若い女性であれば、国境地帯の中国農村に農夫の嫁として売られたり、年配者ならレストランやカラオケルームなどで働くことができます。国境地帯には朝鮮族が多く、顔や言葉だけでは中国当局も判別できません。脱北者団体の調査によると、脱北した北朝鮮女性の約80%が中国人男性に売られているという数字もあります。彼女たちは、中国に越境後は、北朝鮮への強制送還を恐れるあまり、どんなにひどい扱いをうけても声を立てず、盲目的に命令に従う傾向にあります。中国人の夫は、妻に対して『お前は5000元(約8万円)の女』だと蔑まれる生活を余儀なくされたという証言もあります。哀れです」(北朝鮮ウオッチャー)

 15歳前後の北朝鮮人の少女達が花嫁として売られている価格は、容姿、健康具合によってランク付けされ、1人当たり3000元から1万元(4万円強〜15万円)だ。

 こうした北朝鮮の人権問題を韓国政府は棚上げし、融和策を進めるが、韓国当局による韓国在の反北グループを取り締まる動きも出てきた。

「脱北者や活動家グループが韓国から北朝鮮に情報を送る活動を、韓国警察が取り締まるようになっているのです。韓国国内にいる北出身の活動家らは、北朝鮮国外の動画や情報を保存したUSBメモリーを、コメを入れたボトルに入れて海に流し、潮流に乗せて北朝鮮の海岸に送る活動を行っていますが、当局によって内容をチェックされた上に、データを没収されるという事例が複数起きているのです」(同・ウオッチャー)

 韓国の文在寅政権がこうした北朝鮮女性の人権蹂躙問題を批判したという話を聞かない。人権弁護士だった文大統領は「女性の権利」を含む「人権」問題を金正恩党委員長との会談で議題としたことすらない。

 人権派弁護士の看板を即刻卸すべきだが、こと中国絡みとなる事案には、一言もないのも困ったものである。


社会新着記事

» もっと見る

北朝鮮の少女たちが“花嫁”として売られている価格

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP