葉加瀬マイ 2018年11月29日号

噂の美女・劉飛昶の淫相学 新SEX診断 沢尻エリカ(31) 総エロ度が低い観賞向き美女

掲載日時 2017年05月17日 20時00分 [官能] / 掲載号 2017年5月25日号

 今回取り上げるのは、女優で、歌手、モデルでもある沢尻エリカ。現在、放送中のドラマ『母になる』(日本テレビ系)に主演している。「別に…」発言の頃(10年前)と比較して、細く薄い眉を太く濃く作るようになり、口元の肉付き(特に上唇側)がやや豊かになって、相全般が優しくなった。それでもチャートの評点通り、エロ度は総じて低く、観賞向きの美女で、セックスで男を有頂天にさせる女相ではない。

 口が小さく、唇に歓待紋(細かな縦皺)が多いので、交わりに際しての(男性側が受ける)味わいは悪くはない。上瞼のラインが目頭部で上がっているのは、表裏のない、好き嫌いのはっきりした性分。目頭に切れ込みがなく、性愛に対しても打算性がない。
 しかし、官能性がストレートに現れる目の周囲の肉付きが薄い上、眼光に艶っぽさや水っぽさがなく、媚もない。
 20代の頃よりも田宅(上瞼)がさらに痩せ、重操紋(二重瞼とは別の半月形のシワ)が入りかけていて、中年以降、好色性アップが見込めるが、【淫乱度】は低く、「2」どまり。
 口相に勢いがなく、下アゴの骨格が華奢で、鼻に長さはあるものの肉付きがなく、金甲(小鼻)の張りも弱い。【絶倫度】はさらに低く、「1」。
 鼻下が短いのは、性愛に関して感性で突っ走ってしまう相で、ワキが甘く、誘惑に簡単に乗せられてしまいがち。小口で広めの眉間(これ自体は良相の一つ)もその傾向を強めている。【尻軽度】は「2」寄りの「3」で、やや高め。
 膣道の断面と一致するとされる、耳の穴の手前にある切れ込みが広く、凡器。唇にほどよく厚みがあり、後天的名器度としてはプラス要素。しかし、口元の肉付きと締まりが平凡で、トータルで観て、【名器度】は「2」。
 口相と臥蚕(下瞼)相がおとなしいのはあげまん要素。三十路となって眉にやや丸みが出てきたのもプラス。反面、金甲が乏しく、最も重要な眼形があげまん相ではなく、【あげまん度】も「2」。

 彼女は人中(鼻下の縦溝)が細く、生家との結びつきが強くて依存的なため、(結婚しても)婚家になじみにくい相。子縁にも薄い。
 額がとても広く、強運な知恵者ながら、耳廓(耳の内側の波打った部分)が出っ張っていて、自己主張が強く、きわめて勝ち気。
 この気性のおかげで今は保っているが、顔相が下へいくほど貧弱になっていくため(特に口とアゴが弱い)、中年以降、運が陰り、淋しい晩年になりがちだ。
 離婚を経験していて、再婚相(額中央の髪の生え下がり・法令線の外側に別のシワが入る)の厄をすでに払っており、二度目の結婚(の相手)が彼女の人生の重要な分岐点になる。

【劉飛昶プロフィール】
劉飛昶(リュウ・ヒチョウ) 観相学・東洋運命学・心理学などを独学。セクソロジーにも通じ、女相から性感の特徴などを観極め、現代にフィットした〈新〉淫相学の研究に取り組む。淫相学とは、観相術の中でも男女の交わりに主眼をおいた観法の総称。

関連タグ:劉飛昶の淫相学

官能新着記事

» もっと見る

噂の美女・劉飛昶の淫相学 新SEX診断 沢尻エリカ(31) 総エロ度が低い観賞向き美女

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP