菜乃花 2018年10月04日号

3年間続いた卑猥な“霊現象”の正体 犯人は警察官になっていた!(3)

掲載日時 2016年09月19日 23時00分 [事件] / 掲載号 2016年9月22日号

 最後の犯行日、小沢は深夜0時に祐奈さん宅へ行き、軍手を装着して敷地内に侵入。様子をうかがうと、部屋の電気がついていて、まだ祐奈さんは起きていた。
 小沢はあらかじめ祐奈さん宅の窓ガラスを割り、カギを開けておいた。祐奈さんが寝静まるまで車の中で待機し、午前2時半過ぎに靴を脱いで部屋に侵入。祐奈さんの寝顔をスマホで撮影していたところ、祐奈さんが目を覚ました。
 「キャーッ!」
 思わず、小沢は手で口をふさいだ。祐奈さんが起き上がろうとしたので、覆いかぶさって祐奈さんの口の中に軍手ごと指を突っ込み、服の上から祐奈さんの乳房を揉みまくった。
 「助けてーッ!」
 その声に驚いて、男は慌てて逃げて行った。祐奈さんは口腔内挫傷で全治2週間のケガを負った。

 これを機に警察が本格的に動き、防犯カメラの映像などから小沢を割り出した。家宅捜索で祐奈さんの唾液が付いた軍手が見つかり、犯行時に着ていた服やマイナスドライバー、スマホ、靴などが押収された。
 小沢のスマホには何種類もの盗撮動画が保存されていて、ベッドで寝ている祐奈さんを至近距離から撮影したものや事件当日に逃げ帰るまでの映像がそのまま残されていた。
 さらに郁代さん宅の窓枠に残っていた指紋が小沢のものと一致し、小沢は郁代さん宅から現金や下着などを盗んだ容疑でも再逮捕された。郁代さんは小沢が犯人と聞き、耳を疑った。
 「家に入った泥棒が先輩だったなんて…、信じられない。何のために警察学校へ行っていたのか。もう二度と会いたくありません」

 小沢は身から出たサビだとはいえ、逮捕されてからしょげ返り、憔悴しきっているという。
 「迷惑掛けてすみません。親不幸で恥をかかせてすみません。もう無理に面会に来なくていいです。誰とも会いたくありません。お母さんは僕を産んだことを後悔しているでしょう。判決が下った後は家を出ます。もう勘当して下さい。お母さんは育て方を間違えたとか悩まないで下さい。悪い奴はいくら反省しても変えられないのです」

 小沢は起訴と同時に警察官を懲戒免職になり、祐奈さんに250万円、郁代さんに60万円、その友人に3万円の賠償金を支払った。
 まさに性犯罪者が警察官になっていたという事件である。小沢は懲役3年、保護観察付きの執行猶予5年を言い渡されたが、勘当されることはなかった。そのまま被害者宅に近い実家にいて、更生などできるのだろうか。
(文中の登場人物はすべて仮名です)

関連タグ:男と女の性犯罪実録調書

事件新着記事

» もっと見る

3年間続いた卑猥な“霊現象”の正体 犯人は警察官になっていた!(3)

Close

マダムとおしゃべり館

▲ PAGE TOP