葉加瀬マイ 2018年11月29日号

タワーマンションで見つかった変死体 薬物SEXにハマったデパート嬢(1)

掲載日時 2017年04月22日 23時00分 [官能] / 掲載号 2017年4月27日号

 その事件は犯人の沢崎光一(35)の母親から、こんな110番通報があったことから発覚した。
 「3日前に息子に会ったとき、『交際相手の女の子を殺した』と聞いた。自首するように勧めたが、その後、連絡が取れなくなった。本当に自首したかどうかを調べてほしい」

 そのような事実は全く把握しておらず、管轄の警察署が確認に動くことに。現場は34階建てのタワーマンション。沢崎は12階の一室で、家賃30万円以上を支払って住んでいた。
 そこに被害者の西郁美さん(21)の遺体があった。ベッドの上に布団をかけられた状態で横たわっていたが、なぜかその上には宗教関係の本が置かれていた。

 沢崎の行方を追ったところ、別の女性とホテルで宿泊中であることが分かった。任意同行を求めて事情を聴くと「首を絞めたが、殺す気はなかった」などと供述した。
 「それならなぜすぐに救急車を呼ばなかったのか?」
 「そ、それは…」
 そこには複雑奇怪な、さまざまな“事情”が潜んでいた。

 沢崎が郁美さんと知り合ったのは事件の1年半前。当時、郁美さんは卒業目前の短大生で、デパートの紳士服売り場に就職が決まっていた。飲食店で酔客に絡まれていたところを助けてくれたのが沢崎だった。
 その場で話をして意気投合。元ホストの沢崎にとって、世間知らずの箱入り娘を口説き落とすなど造作もないことだった。郁美さんは「好きな人ができた」と母親に打ち明け、「その人の家の近くで一人暮らしがしたいの…」とねだった。
 「すごい人なのよ。『沢崎光一』という名前で検索してみて。いろんな事業をやってることが分かるから」

 母親としては14歳も年上で、高級マンションに住んでいることにも驚き、「そんな派手な人が短大を出たての小娘なんか本気で相手にするはずがない。遊ばれるだけだからやめときなさい」という“大人の判断”で忠告したが、恋する娘は聞く耳を持たない。
 「光一さんはそんな人じゃない! ちゃんと働くようになったら、一人暮らししてもいいって言ったよね。今まで我慢してきたんだから、私の好きなようにさせてよ!」

 もはや両親は反対できなかった。一人暮らしを始めてしばらくたったころ、郁美さんが沢崎とのドライブ帰りに実家に立ち寄ったことがあった。そのときも沢崎は車から下りようとせず、挨拶さえしなかった。
 「やっぱり遊ばれてるだけなんじゃないのか…」

関連タグ:男と女の性犯罪実録調書

官能新着記事

» もっと見る

タワーマンションで見つかった変死体 薬物SEXにハマったデパート嬢(1)

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP