和地つかさ 2018年9月27日号

噂の美女・劉飛昶の淫相学 新SEX診断 宮崎あおい(32) SEXでイキやすい!? 新婚女優

掲載日時 2018年01月19日 18時00分 [エンタメ] / 掲載号 2018年1月25日号

噂の美女・劉飛昶の淫相学 新SEX診断 宮崎あおい(32) SEXでイキやすい!? 新婚女優

 昨年末、V6の岡田准一との結婚を発表した、女優の宮崎あおい。彼女はこれが2度目の結婚(初婚は'07年、俳優の高岡蒼甫と。'11年に離婚)だ。
 彼女の顔相の特徴は、何よりまず小さく低めの鼻。自己主張の少ない控えめな鼻相で、大和撫子らしい家庭的な心性の持ち主だ。目間と眉間がともに広く、万事におおらかなのんびり屋でもある。強さが必要な芸能界(特に女優業)にあって、この鼻相で実力と人気を勝ち得ているのは珍しい例だろう。
 彼女の場合、その弱さを補っているのが、広い出額とエラの発達したがっしりとした下アゴ(口も大きい)で、男勝りで心身ともにタフな一面を持っている。ただ、どちらも後家相(夫を尅し、離別を招きやすい相)の代表格で、一度離婚して厄を払っているとはいえ、家庭内の葛藤と縁が深い。

 若い頃は豊かだった臥蚕(下瞼のサヤエンドウ形の部分)の張りがおとなしくなり、性愛へのポテンシャルはやや下がった一方で、眉がさらに薄くなったようで、好色度は増している。能動愛の上唇が薄く、ベッドでは男性からの積極的な愛戯を悦ぶ。
 彼女は垂珠(耳たぶ)がほとんどなく、これは男性で言うところの早漏の相で、すぐにイッてしまうので、男性側からすると交わりに濃厚さがなくあっけない。薄い眉にも持続力の弱さが現れている。
 アゴの相にバイタリティーが観てとれる(回数はこなせる)も、金甲(小鼻)に張りが乏しく、【絶倫度】としては「3」どまり。【淫乱度】も「3」寄りの「2」と低めだ。

 先天的名器度を示す、耳穴の下のミゾが深くて狭い名器相で、耳廓(耳の内側の波打った部分)が出っ張っているのは、膣肉の収縮が激しい相。【名器度】は「4」と高い。
 広い目間と眉間は異性の誘惑に負けやすい相で、よく言えばモテ相。高い耳と薄眉もその傾向を強めている。左奸門(目尻の上半分のエリア)の髪の生え際にある大きなホクロは男難ボクロで、夫婦問題や色情問題でいざこざを起こしやすい。トータルで観て、【尻軽度】も高めで、「4」寄りの「3」となった。
 おとなしい臥蚕があげまん要素ながら、眼形が(吊り上がりの)あげまん相ではなく、乏しい金甲もマイナス要素で、【あげまん度】は「1」寄りの「2」と低い。

 彼女は鼻孔が小さく、その鼻孔が正面から覗かず、目頭にやや切れ込みがあって、内実はシビアな現実家だ。額の(上下は広くて知恵者だが)横幅が狭く、視野狭窄で一途に思い詰める。精神的に結婚(男性)を必要とする鼻相ながら、(前述の額相とアゴ相で)仕事がデキる女相だけに、それがアダとなって、ひとたび夫婦仲が冷えると、離婚への流れが加速しそうだ。

【劉飛昶プロフィール】
劉飛昶(リュウ・ヒチョウ) 観相学・東洋運命学・心理学などを独学。セクソロジーにも通じ、女相から性感の特徴などを観極め、現代にフィットした〈新〉淫相学の研究に取り組む。淫相学とは、観相術の中でも男女の交わりに主眼をおいた観法の総称。

関連タグ:劉飛昶の淫相学

エンタメ新着記事

» もっと見る

噂の美女・劉飛昶の淫相学 新SEX診断 宮崎あおい(32) SEXでイキやすい!? 新婚女優

Close

マダムとおしゃべり館

▲ PAGE TOP