森咲智美 2018年11月22日号

松嶋菜々子 「視聴率女王」伝説崩壊で高まる四十路ヌード

掲載日時 2017年05月05日 20時00分 [芸能] / 掲載号 2017年5月11・18日合併号

松嶋菜々子 「視聴率女王」伝説崩壊で高まる四十路ヌード

 松嶋菜々子(43)に“四十路Fカップヌード”を求める声が高まっている。
 「松嶋といえば、'11年の主演連ドラ『家政婦のミタ』(日本テレビ系)で平均視聴率25.2%を記録し、視聴率女王と呼ばれた。しかし、約3年ぶりの連ドラ主演となった昨年7月期『営業部長・吉良奈津子』(フジ系)は7.05%と大惨敗。同10月期に主演、菅野美穂と豪華共演した『砂の塔〜知りすぎた隣人〜』(TBS系)も10.2%と低調でした」(放送記者)

 そうした中、起死回生を狙って主演したのが、4月15、16日に2夜連続放送された山崎豊子氏の大作特番ドラマ『女の勲章』(フジ系)だったが…。
 「しかし、これも初日8.1%、2日目6.2%と、まさに大爆死。視聴率女王伝説が完全に崩壊するどころか、主演としての女優生命すら危機に瀕しています」(同)

 そうした中、高まっているのが“全裸リベンジ”の声だという。
 「正直、もう松嶋を主演に起用するのは各局とも及び腰です。今後はドラマで濃厚濡れ場を披露するか、写真集で“四十路全裸”を見せるか、映画で過激ベッドシーンを演じないと、女優人気のV字回復は難しいでしょう」(芸能記者)

 松嶋もこのまま引き下がるつもりはない。というのも、所属事務所を支えてきた後輩、井上真央が昨年9月をもって、事務所を辞めてしまったからだ。
 「井上は、同事務所の女社長が手塩にかけて育て上げたのに、嵐・松本潤との交際をめぐる考えの食い違いや、契約条件などで揉め、事務所に後ろ足で砂をかけるように辞めてしまった。その結果、事務所の看板女優は松嶋しかいなくなり、最近、芸能活動再開を一部女性誌に明かした井上に対し、“絶対負けられない”と、怒りの決意をしているようです」(芸能関係者)

 '01年に反町隆史と結婚し2子をもうけた人妻だが、セクシーボディーだけは今も井上を圧倒している。
 「水着キャンギャル出身の松嶋は、スーパーモデル並みのボディーの持ち主。今もFカップの美爆乳をキープしており、せいぜいCカップの井上を圧倒しています。視聴率低迷から業界で沸き起こり始めている“脱ぎ要請”話には、本人もノリ気です。井上潰しのリベンジ全裸で、一気に人気を挽回する可能性は高まっているのです」(同)

 四十路ヌード披露で全裸女王となるか。

芸能新着記事

» もっと見る

松嶋菜々子 「視聴率女王」伝説崩壊で高まる四十路ヌード

Close

WJガール

▲ PAGE TOP