アミューズが仲里依紗と浅野忠信の仲を引き裂いた“手口”

芸能・2012/10/31 14:00

 ムチムチクオーター女優の仲里依紗が、交際中の俳優・浅野忠信と破局していたことがわかった。 
 これには、仲の所属事務所アミューズの陰謀があったとの見方が広がっている。

 2人は今年2月、白昼堂々と路上で抱き合う姿を写真週刊誌に撮られた。
 仲が23歳に対し、浅野は38歳で歌手のCharaと離婚暦がある。どうみてもおっさんと女子大生というカップルにしかみえない。 そのため2人の交際は当時、驚きをもって報じられた。

 しかし、1年も持たなかったのだ。
 「原因は、互いに仕事が多忙ですれ違いが続いていたからというもの。破局したのは夏が終わる頃でした」(夕刊紙芸能部デスク)

 ただ、アミューズとしては安堵しているに違いない。若手上昇株の仲に妊娠でもされたら、女優育成計画に変更を迫られてしまうからだ。
 「いまのアミューズの成長期を支えてきた女優陣は冨田靖子、深津絵里らです。仲は吉高由里子らとともに彼女たちに続くドル箱で、いま家庭に入ってもらっては困る。そこでアミューズは、仲と浅野との破綻計画を練った。結果として考え出したのが、仕事詰めにして仲を浅野と隔離するという手法でした」(前出・夕刊紙芸能部デスク)

 アミューズは仲のもとに2本の主演ドラマを持ち込んだ。一つは8月末から放送された、沖縄を舞台にしたNHK『つるかめ助産院』、それにTBS系の10月期新番組『レジデント〜5人の研修医』である。
 「初の主役ですから、仲が2本とも断るわけがない。仲は『つるかめ助産院』収録のために5月頃から沖縄入りしていた。その頃は本来なら恋心がもっとも燃え上がる時期のはず。アミューズは、それを撮影という名目で浅野と引き離した格好でした。結果、仲はいったん8月にロンドンにいる浅野に会いにいったが、次第に冷めていったのでしょう」(芸能リポーター)

 男ひでりが続く仲が、現場で性的欲求不満を炸裂させなければいいが、と周囲は神経をとがらせている。

関連記事
芸能新着記事