貞淑美女タレントの性白書 熊切あさ美 脱がせ屋からオファー殺到! 崖っぷち無毛ヌード写真集(1)

芸能・2015/07/07 20:00 / 掲載号 2015年7月16日号

 「もともと“崖っぷち”で売ってきた人。失うものは何もないと思います」(プロダクション関係者)

 −−「交際期間は2年半」「1LDKのマンションで同棲していました」「結婚はお互いにしたいねという話は出ていました」−−
 “超”人気歌舞伎役者・片岡愛之助(43)との破局騒動で一気に“女”を上げた? 元グラビアアイドルの熊切あさ美(35)。
 「いやいや、それを言うなら女じゃなくて“タレント”としての名前でしょ。さっそく、あのナイスなバディーを生かそうと、例の業界からオファーが殺到しているそうです」(ワイドショー芸能デスク)

 これを言ったら“お終い”かもしれないが、“愛”はなくても生きてはいけるが、カネがなければ首が回らないのも同じ。
 「ズバリ、ヘアヌード写真集とAV出演のオファーです」(芸能記者)
 そもそも“崖っぷち”と呼ばれ始めた頃から複数の写真誌や芸能人専門のAVレーベルがオファーしていたようだが、今回の破局騒動で注目度とともに、ギャラもアップしたという。

 ちなみに、熊切のスリーサイズは『B85・W58・H84』という数字になっている。
 「ニコニコ生放送“ニコ生”出演の最後に、その場で化粧を落として“スッピン”を披露したのが、手厳しいことで知られるニコ生視聴者たちから『カワイイ』『若い』『すっぴんいける』などと高い評価を受け、自信を深めたようです」(芸能レポーター)

 体形もスリムに見えるが、着痩せするタイプ。
 「実は、数字以上を誇る“隠れ巨乳”でGカップ。ラブリン(愛之助のニックネーム)をメロメロにした肉体のヘアヌード写真集なら2000万円以上、芸能人AVなら1本3000万円以上は稼げると思います。数本こなせば、文字通りの“億マン”長者です」(出版関係者)

 さて、熊切あさ美は1980年6月9日、静岡・浜松市出身の35歳。
 「このあいだ誕生日を迎えたばかり。父親の仕事の関係で、名古屋、千葉・船橋市にも住んでいたことがあります。三つ違いの妹も1人いますよ」(テレビ局関係者)

 幼稚園の頃からバレエを習い始めるなど活発な子だったが、なぜかおっぱいは小さかったという。
 「中学3年まで胸がなくガリガリに痩せていて、友人からは“ペチャパイ子”というアダ名で呼ばれていたそうです」(芸能ライター・常山洋氏)

関連記事
関連タグ
芸能新着記事